はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

2010-12-30から1日間の記事一覧

2010年を振り返る:サッカー編

トルシエインタビューより抜粋企画が途中で止まっているので、来年、再開したいです。 正直、ボリュームありすぎて、途中でテンションが切れました(^^;

2010年を振り返る:読書編

今年のベスト1は、『傭兵の二千年史』(菊池良生)。傭兵の二千年史 (講談社現代新書)作者: 菊池良生出版社/メーカー: 講談社発売日: 2002/01/18メディア: 新書購入: 5人 クリック: 44回この商品を含むブログ (43件) を見る久々に、知的興奮をかき立てられ…

うむむ

急に変な衝動が来て、コミック文庫版『三国志』(横山光輝)の最終巻を読んだのですが、原典を離れてネタになりすぎているせいで、「死せる孔明、行ける仲達を走らす」の、「げーっ、孔明!」のシーンが、やたらに笑えて仕方がなかった(笑) よろしくないよ…

カウントダウン

来年はじめ頃からしばらく、ネットに出現する頻度が激減して更新などが滞る予定です。 色々と状況次第でどうなるかわかりませんが……。 1月中に復活できればいいなぁ……ぐらいの腹づもり。