はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

手裏剣

『手裏剣戦隊ニンニンジャー』感想・第13話

◆忍びの13「燃えよ!ニンジャ運動会」◆ (監督:金田治 脚本:下山健人) 弟子入りを懇願するキンジに対し、かつて自ら後継者と目して育てた九衛門がその力に惑い道を踏み外した過去から、刺客に徹する事ができず逆に孫達と交友を深めしてしまうような、心…

『手裏剣戦隊ニンニンジャー』感想・第12話

◆忍びの12「最強決戦!奇跡の合体」◆ (監督:中澤祥次郎 脚本:下山健人) 見所は、EDダンスで好感度を取りに行くキンジ・タキガワ。 蛾眉との戦いに敗れた天晴が重傷を負い、八雲達はその穴を埋めるべく、訓練とオトモ忍の解析に励む。一方、赤との一…

『手裏剣戦隊ニンニンジャー』感想・番外編

というわけでUFO丸の活躍をこの目で確かめるべく、『ドライブ』がずっと溜まっているけどコラボスペシャル見ました! ◆『手裏剣戦隊ニンニンジャー』×『仮面ライダードライブ』春休み合体SP◆ (監督:中澤祥次郎 脚本:三条陸) UFO丸来たぁぁぁぁぁ…

『手裏剣戦隊ニンニンジャー』感想・第11話

◆忍びの11「シノビマル、カムバーック!」◆ (監督:中澤祥次郎 脚本:下山健人) 激突! クイーンズイングリッシュvsテキサス訛り!!????? OPにスターとロデオ参加。映像に手が入るのは通例ですが、だいたい追加戦士が無視されがちなOPナレーシ…

『手裏剣戦隊ニンニンジャー』感想・第10話

◆忍びの10「ヒーハー!金色のスターニンジャー」◆ (監督:加藤弘之 脚本:下山健人) 好天が謎の襲撃者に襲われて負傷(?)。怒りの天晴は好天に変装して囮になると襲撃者を誘き寄せるが、おでん屋台へ突然の銃撃を行ってきたのは、ギターを背負った渡り…

『手裏剣戦隊ニンニンジャー』感想・第9話

◆忍びの9「忍術vs魔法、大バトル!」◆ (監督:加藤弘之 脚本:下山健人) ラストニンジャだけが持つ事を許される、世界を終わらせるほどの力を持つと言われる手裏剣――<終わりの手裏剣>。ラストニンジャとはまた、その手裏剣の守り人の称号でもあった……と…

『手裏剣戦隊ニンニンジャー』感想7・8

◆忍びの7「春のニンジャ祭り!」◆ (監督:竹本昇 脚本:下山健人) 戦隊40周年という事で、お父さん、ニンジャレッドとハリケンレッドを連れてくる。 サスケ「人に隠れて悪を斬る――それがニンジャだ」 「え?」 鷹介「人も知らず、世も知らず、影となり…

『手裏剣戦隊ニンニンジャー』感想6

『ドライブ』溜まっているのでどうしようか悩んだコラボスペシャルをとりあえず見ないまま、今週の最新話を見たのですが、問題なさそうなので、コラボスペシャルは『ドライブ』追いついたら見る方向で……追いついたら。 ◆忍びの6「テングの神隠し」◆ (監督…

『手裏剣戦隊ニンニンジャー』感想5

◆忍びの5「宇宙ニンジャUFOマル!」◆ (監督:渡辺勝也 脚本:下山健人) 前回よりは、マシでした。 天晴に次いでお爺さま好き好きオーラを放出していた霞の進路選択に、勢いのギャグだとばかり思っていた「宇宙人と30回交信」が影響していた、という…

『手裏剣戦隊ニンニンジャー』感想4

◆忍びの4「でたゾウ! パオンマル」◆ (監督:加藤弘之 脚本:下山健人) 見所は、意外と格好いいパオン丸のMS形態。 天晴が頭一つ抜けて強い、というのは全然構わない(設定としてはむしろ自然)のですが、ならば2話の、忍術を上手く使えなくて八雲に大…

『手裏剣戦隊ニンニンジャー』感想3

◆忍びの3「強敵、蛾眉あらわる!」◆ (監督:加藤弘之 脚本:下山健人) うーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん、「テキストばかりに頼って頭でっかちは駄目」というのは良いと思うのですが、「傾向と対策など実戦では無意味」というのは大間違…

『手裏剣戦隊ニンニンジャー』感想2

◆忍びの2「ラストニンジャになる!」◆ (監督:中澤祥次郎 脚本:下山建人) 魔法は本当にあったんだ! ……まあ、忍力がある世界らしいので、魔法あってもいいよね、というのは、若干掟破りではありますが、納得はできる範囲。と同時に、今作の世界観はまず…

『手裏剣戦隊ニンニンジャー』感想1

◆忍びの1「俺たちはニンジャだ!」◆ (監督:中澤祥次郎 脚本:下山健人) 放浪の旅から帰った主人公・伊賀崎天晴が実家である忍者道場の門をくぐると、突然、弾け飛ぶ実家。 ???「馬鹿め! 扉を開ける時は先に《罠感知》をしろとあれほど言ったのを忘れ…