はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

殿

『侍戦隊シンケンジャー』感想9

◆第十六幕「黒子力」◆ (監督:渡辺勝也 脚本:大和屋暁) 「どうした太夫。今日は音色が湿ってやがる。何かあったのか?」 違いのわかる男・血祭ドウコク (だばだーだーばー だばだー) 普段ただの酔っ払いなのに、太夫に対してだけ洞察力が発揮されるので…

『侍戦隊シンケンジャー』感想8

◆第十五幕「偽物本物大捕物」◆ (監督:渡辺勝也 脚本:石橋大助) 唐突にシタリが太夫の三味線を誉めたと思ったら、「いや、いつもよりグッとくるものがない」と、偽物である事を見破るドウコク……って、なんか初めて、総大将らしい所を見たよ!! 太夫に化…

『侍戦隊シンケンジャー』感想7

◆第十三幕「重泣声」◆ (監督:竹本昇 脚本:小林靖子) 殿も狼狽する一大事が発生―― 「茉子が……」 「もはや、止めるには手遅れ」 そう、最終兵器・姐さんが、台所でタマネギを一刀両断していた。 「最大の危機だ……」 背後では、薬を用意している黒子(笑) …

『侍戦隊シンケンジャー』感想6

◆第十一幕「三巴大騒動」◆ (監督:諸田敏 脚本:小林靖子) 十臓の言葉を気にして古い資料を調べていたシタリがある事実に気付き、それを聞いたドウコクが大暴れ。それに反応して賽の河原に発生したナナシが地上に溢れ出し、シンケンジャー出陣。 十臓の意…

『侍戦隊シンケンジャー』感想5

◆第九幕「虎反抗期」◆ (監督:渡辺勝也 脚本:小林靖子) 赤と青の練習試合を見て、流ノ介が思ったより強い、と感心する千明。剣の技術だけなら丈瑠に匹敵する、と一同に褒めそやされる流ノ介だが、これは勿論、迫り来る転落の前置きでしか無かった。 その…

『侍戦隊シンケンジャー』感想4

◆第七幕「舵木一本釣」◆ (監督:中澤祥次郎 脚本:小林靖子) かつての戦いでディスクから解き放たれて野生化していた舵木折神が発見されるが、タイミング悪く外道衆が出現し、殿は流ノ介に舵木折神のゲットを任せ、4人でアヤカシに挑む事に。流ノ介は文字…

『侍戦隊シンケンジャー』感想3

◆第5話「兜折神」◆ (監督:竹本昇 脚本:小林靖子) 侍、休暇。というわけで、毎度お馴染みの後楽園ゆうえんち回……というほど遊園地が出てきませんでしたが、これでノルマ達成なのかどうなのか。 主に流ノ介とことはの為に、家臣4人が遊園地をブラブラし…

『侍戦隊シンケンジャー』感想2

◆第3話「腕退治腕比」◆ (監督:諸田敏 脚本:小林靖子) 本日も赤い鎧の人は酒飲んでぐだまいていた。 仕様です。 朝稽古に寝坊した上に態度も悪く、殿から「実力が一段劣るこの出来損ないの○○野郎」(お好きな言葉をあてはめて下さい)と容赦ない叱責を浴…

『侍戦隊シンケンジャー』感想1

◆第一幕「伊達姿五侍」◆ (監督:中澤祥次郎 脚本:小林靖子) 改めて、ヒーローの顔にでっかく 火 水 天 木 土 というデザインはよく通したなぁ(笑) “隙間”から現世に這い出し、人間に危害を加える外道衆に立ち向かう侍、志葉家18代目当主、シンケンレ…