はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

2月2日、飛鳥五郎という男を殺したのは貴様か?!

まとめ更新

■〔特撮感想まとめ部屋〕 『世界忍者戦ジライヤ』感想まとめ2と、『快傑ズバット』感想まとめ2&3を更新。 『ズバット』まとめ3には、総括(というか何というか)を書き下ろしで追加しました。 後は、『ソルブレイン』をまとめれば一段落……か? 進行形で…

『快傑ズバット』感想23

◆第32話「さらば斗いの日々、そして」◆ (監督:広田茂穂 脚本:長坂秀佳) 天海山三兄弟の銃撃を浴びた早川は吊り橋から落ちかけた所を東条に助けられる。だが一方、ノリノリで構成員を蹴り飛ばしていた神竜が、いつの間にか崖から海に落ちかけていた。神…

『快傑ズバット』感想22

◆第31話「対決! 真犯人首領L?」◆ (監督:広田茂穂 脚本:長坂秀佳) 天才青年科学者 飛鳥五郎 ここに眠る 飛鳥の墓……というか石碑に、花を手向けるみどりとオサム。 墓石を監視しているダッカー構成員に「あんな雑魚」扱い。 ……確かに、雑魚ですけど………

『快傑ズバット』感想21

◆第29話「父母なき子 涙の復讐」◆ (監督:田中秀夫 脚本:長坂秀佳) 赤永会が捕まえていた科学者、湯川夫妻が脱走。組織のボスである闇の黒兵衛は、夫妻を見つける為に息子のタケルを人質にしようとするが、そこに現れる早川健。構成員をなぎ倒し子供を…

『快傑ズバット』感想20

◆第27話「意外!飛鳥殺しの犯人?!」◆ (監督:広田茂穂 脚本:長坂秀佳) 綾子/かみなりの左近というOPのキャスト表記と前回の次回予告で、話の内容がほぼわかってしまう、という衝撃の回(笑) 「飛鳥! おまえを殺した犯人! この街から探しだす!…

感想まとめ更新

終了作品も幾つか溜まっているのですが、勢いで ■〔『快傑ズバット』感想まとめ1〕 1〜13話まで。

『快傑ズバット』感想19

◆第25話「荒神山 涙の別れ」◆ (監督:広田茂穂 脚本:長坂秀佳) 山奥で、新型爆薬・ウルトラマイトを研究する青年科学者・吉良崎直也。その爆薬を狙い、血起党の鬼大尉がその身辺に迫る。 血起党の用心棒は、二刀流フェンシングの名手・ダルタニアン。 ……

『快傑ズバット』感想18

◆第24話「涙の健 見知らぬ街の恋人」◆ (監督:田中秀夫 脚本:長坂秀佳) 山で助けた女性・白鷺れい子に一目惚れした早川は、天山会に支配される無法都市で危機に陥った彼女を何度も助ける。れい子が早川の忠告を無視して繰り返し街へ入るのは、どうして…

『快傑ズバット』感想17

◆第23話「大神家一族の三姉妹と天一坊」◆ (監督:田中秀夫 脚本:長坂秀佳) 50億の遺産を残して死んだ大神家の当主は、「3歳の時に誘拐された行方不明の長男・天一に遺産を与える」という遺言を残す。ただし、「1年たっても天一の行方が判明しない時…

『快傑ズバット』感想16

先週分。どうにか、Bパートだけ見られました。Aパートしか見られない、よりマシだと思いたい。 ◆第22話「少年ボクサー涙の父」◆ (監督:田中秀夫 脚本:長坂秀佳) どうやら賭けボクシングを行っている悪の組織が世界タイトル挑戦者に八百長を強いる為…

『快傑ズバット』感想15

◆第21話「さらば瞼の母」◆ (監督:広田茂穂 脚本:長坂秀佳) 夜桜組(いつもの雑魚衣装の背中に桜のワッペン!)の構成員が妙齢の婦人をさらおうとした所に居合わせた早川健は彼女を助け出すが、その顔を見て驚愕する。彼女……地元の有力者、鶴間家当主の…

『快傑ズバット』感想14

◆第19話「悲恋 破られたラブレター」◆ (監督:広田茂穂 脚本:長坂秀佳) テニススクールの憧れの男・石上新也にラブレターを渡そうとして渡せずじまいの少女・八鹿(ようか)いぶき(高校生ぐらい?)は、その帰路、石上の父がデビル団のボス・セントデ…

『快傑ズバット』感想13

◆第18話「危うし!シャボン玉の恋」」◆ (監督:田中秀夫 脚本:長坂秀佳) 幼稚園の花壇から、毒ガス 噴出機が一個置いてあるだけかと思ったら、延々とパイプを張っていたり、けっこう凝っています。 その出所を探ってパイプを追った青年・白野は、毒ガス…

『快傑ズバット』感想12

◆第17話「嘆きの妹 ふたりの健」◆ (監督:田中秀夫 脚本:長坂秀佳) ナチスジャガー率いるナチス連合会に追い詰められ、捕まってしまう早川健。 あーなるほど、ダッカー的には「快傑ズバットには逃げられたけれど、早川健を捕まえた」という認識になるわ…

『快傑ズバット』感想11

◆第16話「殺しのぬれぎぬ 哀しみの健」◆ (監督:田中秀夫 脚本:長坂秀佳) ジャガーの覆面の男・ナチスジャガー率いるナチス連合会にさらわれ、拷問をうける刑事、松島勇作。ナチス連合会の根城であるバーに乗り込む、早川健! とこの冒頭だけで、ヨーロ…

『快傑ズバット』感想10

◆第15話「哀しき母の子守唄」◆ (監督:小西通雄 脚本:長坂秀佳) 子供に囃し立てられて石を振り上げる婆さん VS それに対抗して石を掴む子供達 70年代の世代間闘争は恐ろしい……。 嫌われ者の嘘つき婆さんの家出した娘が、悪の組織の用心棒として帰っ…

『快傑ズバット』感想9

◆第14話「白羽の矢 涙の別れ」◆ (監督:小西通雄 脚本:長坂秀佳) 狒大権現の使いを名乗り、宗教めいた装いで町から町に因縁をつけて美しい娘をさらっていく集団……その正体は、ヤクザ・赤耳一家。今月の生け贄として、どこからともなく飛んできた白羽の…

『快傑ズバット』感想8

◆第13話「少年殺し屋のバラード」◆ (監督:小西通雄 脚本:長坂秀佳) カツアゲされる女子高生・美枝子を救うのは、マンドリン片手の……男子高校生、山浦京介。 と、セルフパロディぽい入り。 町の人から「人殺し」呼ばわりされる京介、集まった町の人々を…

『快傑ズバット』感想7

先週分。 ところで本作を見ていると、サントラが欲しくて仕方なくなってくるのですが、CD音源にはなっているものの、残念ながらさすがに廃盤な模様。復刻しないかなぁ……。サブタイトル入る時の曲とか、凄く好き(最初のバージョン)。 ◆第11話「死ぬな友…

『快傑ズバット』感想6

◆第9話「涙の河を振り返れ」◆ (監督:田中秀夫 脚本:長坂秀佳) 少女を必死に捜す初老の男と出会うオサムくん。 「その子なら、ほら、あのボートの上に乗っているよ」 「ああ……あの子だ。おーい……!」 その瞬間、ボート 大・爆・発 そして入るサブタイト…

『快傑ズバット』感想5

段々と、攻撃・防御・移動手段、3つの要素を兼ね備えた鞭が、凄く高性能な武器に思えてきて困る。 勿論、演奏と打撃の二つの機能を併せ持ったギターも! ◆第7話「悪い風だぜ港町」◆ (監督:田中秀夫 脚本:滝沢真理) 飛んできた野球ボールをキャッチした…

『快傑ズバット』感想4

OP最初のタイトルコールがやたらな高音から、低めの声に変更。そもそも最初はなぜあんなに甲高かったのか。 ◆第5話「花売り少女と白い粉」◆ (監督:田中秀夫 脚本:長坂秀佳) 珍しく冒頭から都会……の片隅で花とマッチを売る少女。 どこまでもここは、パ…

『快傑ズバット』感想3

◆第4話「涙の敵中突破」◆ (監督:奥中惇夫 脚本:長坂秀佳) 弾き語りながら渡し船で川を渡る早川健。 船頭さんの精神力はもう、限界だ! その頃、高熱で道に倒れたみどりは、純朴な農家の青年・沢村誠(レッドマフラー)に助けられるが、誠の土地を狙うヤ…

『快傑ズバット』感想2

◆第3話「悲しき純金の天使」◆ (監督:奥中惇夫 脚本:長坂秀佳) 冒頭から宮内洋の熱唱で、確かに悲しい(おぃ) 山間の駅に降り立った早川健は、金バッジ連合(暴走族の名前のようですが、れっきとした犯罪組織です)に襲われる女性・しずかを助ける。新…

『快傑ズバット』感想1

西部劇+時代劇+渡り鳥+怪傑ゾロ+特撮ヒーローの、超次元ハイブリッドin宮内洋。 見よこれが、70年代の狂気だ! ◆第1話「さすらいは爆破のあとで」◆ (監督:田中秀夫 脚本:長坂秀佳) 冒頭、 ・幼稚園バスに仕掛けられる時限爆弾 ・園児に突っ込む自…