はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

TV

金麦の宣伝に思う

女「さて、今年の夏は、二人で過ごす何度目の夏でしょうか?」 女「あ、数えてる、ダメ」 ……いや、そこで即答できる男は、ちょっと“危ない”と思うんだよなー(笑) 数えるぐらいの男の方が、扱いやすいと思うのです。

遠い春

冬将軍と春ちゃんの行動を、淡々と説明する平井さんは、凄いよなー。

再び、刑事ものの春

堂場瞬一は、『刑事・鳴沢了』のシリーズもドラマ化なのか。 ■〔“ダイ・ハード”に坂口!矢田が仕事復帰/sanspo.com〕 この見出しはどうかと思いますが(笑) 4月から、『失踪課』シリーズの連続ドラマ化で並べていたのですが、急に波が来たなぁ。横山秀夫…

本日の『アド街』は上井草

『機動戦士ガンダム』(あと『ケロロ軍曹』)をやたらにフィーチャー。 そんなわけで、大江アナ、まさかの連邦軍女性兵士コスプレ。 さすがにどうか、と思ったのですが、 「着てはみたのですが、これはいったい誰なのでしょうか?」 と、なんか素で恥ずかし…

なんか急に思った

『はぐれ刑事』の娘役(小川範子)が36歳、『剣客商売』の幼妻役(小林綾子)が37歳かー。 げに恐ろしきは、小川範子。

藤田まこと氏、死去

謹んで、ご冥福をお祈りいたします。 あー……『必殺!』シリーズと『はぐれ刑事純情派』は私の人格形成の一部に間違いなく影響を与えているドラマであり、いわんや藤田まことの存在はその一角を占めており、何ともいえない気持ちで一杯です。 合掌。

くもじいじゃ

『空から日本を見てみよう』のくもじいは、人間相手にはあんなに上から目線なのに、 「アンパンマンさん!」 「トーマスさんまでこんな所にいらっしゃるなんて!」 「ドラえもん師匠!」 と、キャラクター業界の大先輩達(本人談)には物凄い腰の低さ。 向こ…

ちょっと面白かった事

「はなまるカフェ」にパンクブーブーが出演していたのですが、去年のM−1の話をしている時に、ツッコミの方が「笑い飯さん」と言って、ボケの方が「笑い飯」と、お互い凄く自然に言うので不思議だなと思ったら、ツッコミの方が吉本入って13年目で、ボケの…

『空から日本を見てみよう』

〔TV東京:公式サイト〕 最近お気に入りの番組。 調べてやっと、正しいタイトルがわかった(笑) 同じコンセプトのミニ番組『天空散歩(ぷらす)』の方が、いいタイトルなのは何故。 先日、仕事から帰ってきてTVつけたら何故かまだやっているなぁと思っ…

今知った、衝撃の事実

私ずっと、出初式って、「梯子の上で色々な曲芸をする伝統芸」それ単体の事を指すと思っていたのですが、それは「梯子乗り」であって、出初式というのは、「梯子乗りなども含む、消防関係の仕事初めの式」全体の事を言うのだそうです。……この年までずっと、…

『インディゴの夜』

升毅にオカマのママさん役をオファーする方も凄いが、受ける升毅も凄い。 けっこう好きなんです、升毅。

年越しTVライフ

帰宅後、鍋をつつきながら、『年忘れにっぽんの歌』(TV東京)で、昭和歌謡にひたる。 来年あたり、サブちゃんもこちらに来ればいいと思う。 その後、「チャンピオン」(アリス)目的で『紅白歌合戦』に。 〔マイケルパフォーマンス→木村カエラの綺麗な高…

半日ぼんやりTV

そんな成り行きで、TVをBGM代わりに非建設的な作業をしていたら(建設的な作業をする予定もあったのですが)、たまたま見たサッカー天皇杯の準決勝が割と面白かった。どこかで見た顔だなぁと思ったら、長谷川健太が今、エスパルスの監督なのかぁ。例の…

『坂の上の雲』第5回……

うーん……やっぱり、広瀬さんのロシア紀行がクローズアップされたか…………。 そういう演出でいくのね、とこれはまあ、原作読者にわかる話、という事で。 ただ、広瀬武夫役の俳優さんは、いい声といい体していて、なかなか素敵。 それにしても、この続きが来年末…

『坂の上の雲』第4回はよろしくなかった

映像化にあたって原作をアレンジするのはむしろ当然の事だとは思うのですが、 日清戦争のところで、 主人公(秋山真之)の乗っている船(筑紫)を砲弾が直撃→1人死亡2人負傷(※原作・史実まま)→死亡した一人が親しくしていた部下→「自分があの命令を出さ…

そして原作を読み始める

新装版 坂の上の雲 (1) (文春文庫)作者: 司馬遼太郎出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 1999/01/10メディア: 文庫購入: 13人 クリック: 168回この商品を含むブログ (473件) を見るまあ、知識的にほとんど空白という所も含め(世界史の授業などほぼ綺麗さっぱ…

すっかり『坂の上の雲』を見ている

阿部寛における、軍服+騎馬、の似合いっぷりは凄い。 このキャスティングだけでも誉めていい。 これまで、日本を代表する騎馬俳優*1といえば松平健でしたが、将来の王者候補ですよ、阿部寛(そういえば見ていなかったけど、『風林火山』では上杉謙信やって…

一周回ってダンディ坂野で笑う

昨日、家帰ってなんとなくTVをつけたら、ダンディ坂野が『ピンモネア』?なる番組に出ていて、思わず見てしまいました。 きっかけは、2005年(ブレイクから落ち着いて少し経った頃)にTVで聞いた至言 「ダンディだんだん、何が面白くて、何が面白く…

2009年を振り返る:TV編

振り返るほど、何も見ていないなぁ……見出しでたどったら、そうか、『Q.E.D.』は今年だったのか。でも結局、1話しか見ていないので、何ともいえず。録画はしていたのですが、途中で失敗して、そのショックで断念してしまいました。 原作が好きすぎる『銀の瞳…

なんとなく『坂の上の雲』を見ている

割と面白いです。 物語はあんまり頭に入っていませんが(おぃ) 役者ちゃんと揃えて、お金かける所はかけて、きちっと演出すれば、見られるドラマは出来るよな、という。 ただまあ、ナレーション連発で誤魔化す所はあまり好きでないのですが、元が大長編だけ…

今更ですが、最近知った

『天地人』には、最上義光が出てこなかったらしい! がーーーん 基本、存在を無視していましたが、なんか色々、想像の斜め上を超える1年間だったらしい。 いや、最上義光出てこない時点で、物凄いけど。 まあ、徳川家康が松方弘樹、前田利家が宇津井健、て…

丸テーブルでサーベルタイガーに立ち向かう男

色々凄いなぁ、『恐竜SFドラマ プライミーバル』。 〔公式サイト〕 突然発生した“時空の亀裂”から、現代へ姿を現した古代(時に未来)の生物を相手に、大学教授の主人公らが政府と協力して立ち向かう、みたいな感じのイギリス発のドラマ。 一応、政府と協…

日本×オランダ×ホッケ柱

昨夜は久々にサッカーを見ていたのですが、ハーフタイムにチャンネル替えたらNHK『ワンダーワンダー』「北の海 脅威のホッケ柱」が面白すぎて、後半戦をすっかり忘れてしまいました(おぃ) 〔NHK『ワンダー×ワンダー』公式サイト〕 ……いや、ホッケ柱…

NHKは恐ろしい

家に帰ってTVつけたら、NHKで懐かしのメロディー特集だかで、 “10年ぶりに集まった”ザ・ビーナス(知らない) 「瞳にキッス」に始まって、 ジュディ・オング 「魅せられて」 ↓ 石野真子 「狼なんか怖くない」 ↓ 錦野旦 「空に太陽があるかぎり」 そし…

今日気付いた

おおっ、なんか、『ピコピコポン』の再放送してますよ?! しかも既にキャンディーママ編なのですが、ずっとやっていたのかしらん、それとも、いきなりキャンディーママ編から始めたのかしらん。 NHKの教育人形劇で、学習の内容は主に算数……だと思うので…

余の顔は誰も覚えていない

休日の午前中、頭が動いていないのでぼうっとTVをつけていたら、『暴れん坊将軍5』がやっていたので、久々に適当に見てしまう。 始まってすぐ、刺客が、普請奉行の殿様を襲撃! 障子をぶちやぶって …………いやいやいや、映像の勢いで誤魔化されそうになりま…

妙にツボに入ってしまった一枚

〔http://www.sanspo.com/shakai/photos/090427/sha0904271654016-p7.htm〕 今年一番、笑ったかもしれない(^^; ちなみに、「地デジカ」と書いて、「地デジぢから」と読むらしいです。富野的に。

『アド街』次回予告

「GWに行きたい 富士裾野」 を 「GWに行きたい 富士樹海」 と読み間違えた。 知らない間に樹海も随分と切り開かれたんだなぁ、とか素で思った私はもうそろそろ転職を考えた方が良いのでしょうか。

見る度に思う

草なぎ剛の出ている、地デジのCM。 「おばあちゃん、このままだとこのTVが見られなくなりますよ」 だかなんだかはなんか、 悪徳リフォーム業者みたいだよなぁ。 タレントが悪いのではなく、CMの造りが悪いと思う。

本日の『笑っていいとも』

トルシエが出るというので、出かける用事があった為にわざわざ録画してしまいました(笑) そもそも言葉とかどうするのだろうねーと思ったら、そこはやはり通訳さん付き。 なんか非常に難しい空気の番組になっていましたが、内容的には、JFLとFC琉球の…