はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『星獣戦隊ギンガマン』感想・第34話

◆第三十四章「不死身のイリエス」◆ (監督:辻野正人 脚本:小林靖子) 前回、バットバスとビズネラからダイタニクスの異変についての情報を得た船長は、倍の報酬を餌にイリエス自らの出撃を促す。 「わかりましたわ。命を賭けた最高の魔術の力、ご覧に入れ…

青春と木登り

◆wander_sheepさん >並んでへたばりっぱなしの戦兎と万丈、泣きながらただ見ているだけの美空と紗羽、ひどい画だなぁと思いました・・・。 もう少し、見せ方に工夫が欲しかったですよね……『ビルド』は全体的に、視聴者の感情を動かそうとするよりも、劇中人…

『星獣戦隊ギンガマン』感想・第33話

◆第三十三章「憧れのサヤ」◆ (監督:辻野正人 脚本:小林靖子) 日々減り続ける報酬に耐えきれなくなったイリエスにより、切り札として出撃するイリエスの弟・GR魔人。その放つ<嘆きの仮面>を被せられた者は深い悲しみの感情に囚われてしまい、ギンガマ…

快盗マジック

◆あきさん >初美花の察しの悪さや迂闊さにしょっちゅう溜息ついてたし、初美花のせいで敵に見つかった時なんて敵に囲まれた状態で拳骨ふりあげてましたもん。 ドジな妹分から背中を預けられる同志……になっているのかは微妙なところもありますが、嫌でも積み…

『快盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー』感想・第28話

◆#28「誕生日も戦いで」◆ (監督:杉原輝昭 脚本:香村純子) 劇場版を終えて杉原監督が復帰し、ジュレには福々しい顔の初美花パパがご来店。 そして魁利は何故、食べたプリンをそのまま冷蔵庫に戻すのか。 「このチャラ男〜! 気安く初美花に触りやがっ…

『獣拳戦隊ゲキレンジャー』感想・第44話

◆修行その44「ワフワフ!父ちゃんのメロディ」◆ (監督:諸田敏 脚本:横手美智子) 見所は、 「不可能はないと信じる力か。……それなら、俺の中に溢れているぜ!」 おもむろに脱ぐゴウ兄さん。 そう、筋肉こそが真理に辿り着く手段! 年明け正月、着物姿で…

現実と理想のビルドアップ

◆鷹Deさん >序盤から存在していたけど皆気にしていなかった粗が目につきまくってしまうという勢いありき作品にありがちな着地を見せているのがしんどいですね。 「より大きな謎」で興味を引きつつ、こっちの雑さはこっちでカバーみたいな手法で走っていた作…

『獣拳戦隊ゲキレンジャー』感想・第43話

◆修行その43「ハピハピ!メリークリスマス、押忍」◆ (監督:諸田敏 脚本:小林雄次) 「いいっすね、クリスマスって。世界中のみんながハッピーになれる、一年に一度のイベントじゃないっすか」 「そうだな。俺たち激獣拳の願いは、こんな風に、みんなが…

『仮面ライダービルド』感想・第48話

◆第48話「ラブ&ピースの世界へ」◆ (監督:柴崎貴行 脚本:武藤将吾) 今週も、大変キラキラでした! 猿渡を失い怒りに燃える3ライダーを蹴散らしたエボルトは、ロストボトルを拾って黒いパンドラパネルを完成させると、それを体内に取り込んで再び怪人…

大探検

◆スピリットヒューマンさん >これが素なのか計算してやっているのかさくらさんがさくらさんだけに判断しがたいのですが、さくらさんは結構好きなキャラなので、頑張ってほしいです(笑)。 お嬢様設定もあるので、恐らくは素ですよね……(笑) >戦隊の映画は…

劇場で冒険

※本編最終盤の内容に触れている箇所がある為、ご留意下さい。 ◆『轟轟戦隊ボウケンジャーTHE MOVIE −最強のプレシャス−』◆ (監督:諸田敏 脚本:會川昇) 見所は、 おもむろにジャケットを脱ぐセクシー担当:伊能真墨 ここぞとばかり明石父を繰り返し「お父…

愛と善意とサイボーグ

◆五月サツキさん >ついに猿渡が退場しましたが、万丈の「何でそんな危ねえもん使わせたんだよ!」に頷くしかないです。何で、も何もないです。やっぱり万丈の方が主人公っぽいというか。 戦兎さんなんというか、最終盤にして「後頭部を思い切り鈍器で殴った…

『ウルトラマンルーブ』感想・第6−7話

◆第6話「宿敵!あねご必殺拳」◆ (監督:市野龍一 脚本:根元歳三) 「ていうか……雑」 今作立ち上がりの戦闘シーンの物足りなさは意図したところではないと思うのですが、開幕からメカゴモラとウルトラ兄弟の戦闘をモニターする愛染社長、イライラと貧乏揺…

集中力!!

◆輝剣さん >宿命を拒むことをある意味ここまで視聴者の感情に沿う形で提示するのは珍しいですね この運び方は、従来の殻を破る感じも含めて、面白いアプローチでしたね。塚田P作品だと、『マジ』は最初から全肯定型でしたし。 >チームメイトを管理したが…

『星獣戦隊ギンガマン』感想・第31−32話

◆第三十一章「呪いの石」◆ (監督:小中肇 脚本:小林靖子) 「今日からダイタニクス復活が1日遅れるごとに、褒美の金貨も1枚ずつ減らす。ただ働きにならねぇようにしな」 船長、割と細かい単位設定(笑) 「すぐに復活させますわ! ええ、今日にでも」 ス…

いざ終幕へ

◆Nさん >いつも脚本が多少アレでも面白い画づくりで完成度を保ってきた上堀内監督の演出が完全に裏目に出た印象です。 演出で盛り上げたい意識は当然なのですけど、監督が大仰かつ深刻に撮れば撮るほど、展開の茶番感が上がってしまうという、新型の地獄に…

降りてこないので本日レスのみ

◆KEYさん >初めてコメントさせて頂きます。 はじめまして。ありがとうございます。 >ビルド、視始めた時は地味にエピソードを積み重ねていく手堅い造りの作品なのかと思っていたら……。 序盤は戦兎と万丈の関係に軸を置いて割と丹念にやっていたのが、そこ…

『獣拳戦隊ゲキレンジャー』感想・第41−42話

◆修行その41「ズシズシ!もうやだ」◆ (監督:竹本昇 脚本:荒川稔久) 「宿命を受け入れて、俺と戦え」 「宿命なんて知らねぇ……そんなのどうでもいい!」 幻想的な空間で、迫り来る幻獣王・理央から必死に逃げ惑うジャンだが、その退路を塞いで強引に立ち…

パンドラタワーの謎

◆MOPさん >内海くんを改造手術したのは忍さんでしょうね。エボルトはなんで内海くん生かしておいたかな? エボルの背景に葛城父が居たとなると、そうなりますよねー。とすると、桐生戦兎は葛城巧を死なせない為などの理由で父が作ったサイボーグだった、…

『仮面ライダービルド』感想・第47話

◆第47話「ゼロ度の炎」◆ (監督:上堀内佳寿也 脚本:武藤将吾) 今回の、3つの面白台詞! ひとつ! 「弱点を仕込んでおいたんですよ。このボトルでのみ、奴の攻撃を無効化できるように」 そ、そうなんだ……。 ふたつ! 「なんで変身した……」 戦兎さんが、…

陽川咲也は侮れない

◆島嶋さん >咲也演技説がさりげなく復活していて嬉しいですwなんとなくそれぞれの役割が見えてきている中、咲也は本当にどう着地するのか全く分からないw 分解していたら、あれ咲也、こいつ出来すぎなのでは……?という気がしてきてしまいまして(笑) なん…

はたらくひとになりたいな

◆八手四郎次郎さん >「お調子者(そのぶん要領も良い)」の咲也が「一本気(ゆえに上司との衝突も辞さない)」な圭一郎をなだめる、という展開にすれば良かったんだと。 この辺りが、「堅物な仕事人間」である圭一郎の、表現の難しい所ではありますね。いっけん…

歯車が噛み合わない

ちょっとこう、文章スイッチがかちっと入ってこないので、年末企画の時に慌てないように、今年ここまで見ている特撮作品をチェックしてみたのですが、 『快盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー』『仮面ライダービルド』『星獣戦隊ギンガマン』『…

踊りのパワー 爆発する

◆輝剣さん >ゲキレンジャーの男衆の中で一番父親適性が高そうですよね、ゴウ。レツの親代わりだったのは伊達ではないようです。 ジャンの為にも怒っていたり、いい男ではあるんですよーゴウ。もう一つ、それが活かされないのが勿体ないのですが。 >…明らか…

『快盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー』感想・第27話

◆#27「言いなりダンシング」◆ (監督:加藤弘之 脚本:大和屋暁) 冒頭からヒヨコギャング(どうやらパトレン特別編のリペイント怪人)と戦うも、華麗なステップに翻弄されて逃げられてしまうルパンレンジャー。追いかけようとした青だがヒヨコの持つコレ…

宇宙の猛虎魂

◆タイキさん >実はこのギガライノス、ギガフェニックス、ギガバイタスは前作「メガレンジャー」の続編として構想されていた >「ギガレンジャー」で登場する予定だった宇宙探査ロボの没案を流用したもの もともと宇宙レベルの話にしても、なんか妙なライン…

『星獣戦隊ギンガマン』感想・第29−30話

◆第二十九章「闇の商人」◆ (監督:長石多可男 脚本:小林靖子) イリエス魔人族の策謀を次々と打ち破ったギンガマンは、ギンガの森の行事である、星祭りの準備中。 「毎年森のみんなで、平和を願うんだ」 バルバンが復活したら即戦争のギンガの民の言葉だけ…

師匠の道が行方不明

◆スピリットヒューマンさん >なお、パイロット版の監督は全世界の予想通り、田崎さんだそうです(笑)。 平成ライダーの、“面倒くさそうなパイロット版”担当ですものね!(笑) >これで20作品中12作品でパイロット版を担当したことになるわけですが ああ、多…

悲しい時は銃を撃て

悲しい時……「ダクトテープ」だと思って近づいたら、「汚れた灰皿」だった時。 『フォールアウト4』、LV55にして、Pip-Boy(腕時計型コンピューター)のディスプレイカラーが変えられる事に気付きました! デフォルトの発色が蛍光グリーンで、なぜ蛍光グ…

西村黄門派

◆MOPさん >オーブルーも角さんですよ。ジイも含めてトリオ・ザ・角さんが劇場公開時の売りだったはず。 あああ、なんかこんがらがってました! ありがとうございます。そして私も、思いっきり格さんの字を間違っていた事に気付きました(笑) けっこう粗…