はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ビッグニュース

2004年夏、キャプテン・フューチャー>シリーズ、復刊!!
エドモンド・ハミルトンによるスペースオペラの傑作が、シリーズ全作復刊。
ビバ・創元SF文庫!!
詳しくはこちら→http://www.dec.sakura.ne.jp/~demone/cf/
いやーしかし、悔しいのは、復刊.comを利用する習慣が無い事。というか未だに行った事も無いのですが、知っていたらせめて、投票に参加したのになぁ……。とにかく、大好きなこの作品がこれを機に少しでも多くの人に読まれると、非常に嬉しいです。
なんといっても個人的には、「センス・オブ・ワンダー」初体験作なので(笑) 40年代スペオペが真にSF的であるかはさておき、SFにアレルギーのある人にそのパワーを知ってもらうには、ある意味で、この辺りの作品を手渡すのが一番手っ取り早いような気がしないでもなく。……毒を持って毒を制す、というか、若干、劇薬じみてますが。
(SFは適切な入門書が無い故にSFなので、結局は個人の嗜好を如何にうまく捉えるか、なのですけど)
友人のお陰もあって、私自身はシリーズ全作どころか短編まで全て読んでおり、初期の文庫も数冊持っているのですが、どうしようかなぁ、お金は無いけど欲しいなぁ……。鶴田謙二のイラスト次第では、買ってしまいそう。水野良太郎イカしすぎるイラストには敵うべくも無いでしょうが、氏自身が熱狂的ファンだという事で、また別の、素晴らしいフューチャー画に期待。……伊東岳彦(昔、フューチャーへのオマージュ作品ともいえるマンガ『宇宙英雄物語』を描いていた)は、泣いて悔しがっていたりするのでしょーか。