はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ちょっとだけ

政治と宗教の話は基本的にしない事にしているのですが……ちょっとだけ。
特段色々な情報を集めているというわけでもないので、とんだ恥をかく事になるかもしれませんが……犯行グループはとんだアマチュアなのではないか、という事をちょっと考えています。
つまり、プロのテロリストでも思想集団でもいわゆる武装勢力でもなく、例えるならば市民団体、或いはもっと組織化すらされていないグループなのではないかと(まあ、どこからが“武装勢力”か、という線引きの問題もありますが)。
とにかく、訓練されているわけでもしっかりと統制の取れているわけでもない人達が、半ば衝動的に行った犯行なのではないかと。
そう考えると、声明文のちぐはぐさとか、行動のちぐはぐさとか、そういったものにある程度納得がいくのですよね……まあ、本当に単なる推測でありますが。
そして、もしこの推測が正解に近かったとすれば、現状は非常に皮肉であるし、同時にイラクの状況は末期的である、と暗澹たる思いにとらわれざるを得ません。
また、こういう時は自分の立場を明確にしておくのがフェアだと思いますので書いておきますと、「自衛隊は撤退するべきか否か?」という事に関しては、「すべきでない」と考えております。というか、少なくともこの問題に関して言えば、そんな事は残念ながら最初から議論の余地すら無い、というのが本音。
ただ、人質となった3人に関しては無事に帰国する事を祈っております。
(※あちこちで今回の事件そのものが“自作自演”ではないか、という話がちらほらと出てきていますが、仮にこれが全て狂言であった場合、“彼等”に出来る現状で最も有効な行動は、世捨て人覚悟で行方不明になる事、であるよなぁともちょっと考えております。自分で思いついておいて非常に嫌な話なので、そうならない事を願っておりますが)

……今回、常からの自分の主義を曲げてまでちょっとだけですがこういう話を書いたのは、ネット上で、思っていたよりも遙かに多くの“まともな意見”を読んだからです。これは、そんな方々への私なりの敬意の表現であります。