はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『プラネテス』2・3巻を読んだ

んー…………うん? むー………………、むむむむむ。
て感じ(おぃ)
ハードSFのつもりで読んでいたら急にニューウェーブになったっていうか。例えのようで例えになってなくてそのまま、という感じもしますが(^^; 別にそれ自体は良いんですけど、シンプルに楽しめた初期に比べると、非常に掴みにくくなった感が。
2巻で吹っ切れたと思ったら、3巻でまた堂々巡りしている感もありますし。
やはりSFというよりは、宇宙時代を背景とガジェットに用いているものの、もっと別の所に主眼がある話というか。壮大ではありますが、実は“宇宙的”ではない話だな、と。
これは良い悪いの話ではなくて、方向性の話なんですけど。
“宇宙”を描きたいというよりは、もっと巨大な“世界”を描きたい話。まあ、作者の中ではこの“宇宙”と“世界”がイコールなのかもしれませんが。
3巻最後の、主人公の父親の若い頃の話とかの方が、作品の主題と(多分)違った所で、素直に楽しめたりするわけで。