はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ライブドア、新規参入申請へ

このニュースよりもむしろ、これに対するこの人のコメントの方が凄いよなぁ(^^;


阪神久万俊二郎オーナー「1000億円お持ちのようですが、他に使えばもっと利益になる仕事はありますよ。(球団経営は)外見は華やかでも実際は辛い事業。何もご存じでないのにやられると、われわれも迷惑。私でよかったらお話しします。一生を野球にささげるつもりがありますか、と言いたい」
…………えーと……どこから突っ込めばいいのか。
にしても、“金があれば球団を買えるわけでない”という球界のルールの良し悪しはさておき(そういう慣例が必要となってしまった経緯はあるわけで)、そういった状況がわかった上であえて、金を積んで買う路線、を貫こうとする堀江社長というのも面白いというか何というか。
まあ多分、堀江社長は普通にビジネスをしていて、球界の方が普通にビジネスじゃないんでしょうけど。
でもやっぱりもう少し、策を練っても良いのじゃないかなぁという気はするわけなのですが、その辺りは経営者としてのポリシーもあるでしょうから、何とも言えない所ありますが。この会見の時に、急にぱりっとした背広姿で出てくるというパフォーマンスするだけで、やや静観気味になっているファンの何%かを、確実に指示に引き入れられると思うんだけどなぁ。