はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『プラネテス』感想の追加

そういえば、読んでいて思ったというか感じた事なんですけど、2巻の時には作者の周辺で物凄い悪い事があって、4巻の頃には物凄い良い事があったのではなかろうか、などとそんな事をちょっと。
通常、プロはそういう所を出来るだけ誤魔化すのですが(わざと出すタイプの人もいますが)、なんかこう、作者の精神状態が妙にダイレクトに出ているような雰囲気を感じるのですよねー、このマンガ。2巻入ったあたりで、急にハチが血走りだした所で思ったのですが。ハチが追いつめられているのか作者が追いつめられているのかわからないなー、というか。
なんとなく、ですが。
それは、ばっさりと切るならば“青さ”というものだと思うのですが、今作がデビュー作というのを知って、あながち大外れでも無いかなーとは。……まあ、勝手な憶測ですが。