はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

天才の息子と天才の弟

週刊Gallop』を読んでいたら、重賞勝ち数のランキングが載っているのを発見。うあ、自作のやつ、頑張って調べたのになぁ(^^; 先に気付けば丸写しで良かったものを。
あと、歴代の色々な記録も掲載されていたのですが(去年は載っていた記憶が無いので今年から?)、案の定、武豊の名前がいっぱい。勝ち星とか乗り鞍とかは、ほとんど豊か岡部さん。たまに中舘、蛯名、藤田あたりの名前があって、新人関係は福永くんがずらり。
にしても、改めて数字を見ると福永祐一というのは衝撃のデビューだったのですねぇ……デビュー日に8鞍乗って(JRA記録)、初騎乗初勝利。しかも続けて勝って2連勝にもう一つ勝ってデビュー日に3勝。おまけに初日に重賞騎乗(JRA記録)。とどめに、デビュー開催の中京で12勝(JRA記録)。
これに続くのが武幸四郎で、デビュー日に8鞍乗って(JRA記録)勝ち星こそなかったものの、翌日に重賞に乗り、デビュー2日目にして重賞勝利(JRA記録)。
うーん、想像すると、凄いなぁ……。
にしても幸四郎、夏開催でみんながローカルに来た途端に勝ち星の伸びが鈍ってるんですが(^^; 応援はしてないが(おぃ)、も少し頑張れ。