はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

2004年を振り返る:TV編

2004年もそろそろ終わりという事で、恒例の(?)振り返り企画。今年は、はてなの見出しカテゴリ別で。
今年一番印象に残ったTV番組は、もう、ぶっちぎりで、
斬り捨て御免!
……凄すぎました。
もう、中村吉右衛門のエロ侍でお腹いっぱい。決め台詞の「ご・めぇぇぇぇん!!」で抱腹絶倒。
破壊力ありすぎ。
……そういえば、昨年の一番印象に残った番組が『同心・暁蘭之介』(by杉様)。
要するに、TV東京お昼の時代劇アワーの前には、現代のどんな番組もかすんでしまうという事なのか。
ちなみに、先日見たら『浮世絵・女ねずみ小僧』なる番組をやっていました。
主演が小川真由美で、コンビを組むのが田中邦衛。この二人がのっけから、ほっかむりというか泥棒頭巾というか、鼻の下でねじって巻いているあの頭巾姿に忍び装束みたいな感じで、飛んだり撥ねたり。
……凄い、凄すぎるよ、70年代時代劇。
しかも調べたら、当時けっこう人気となったシリーズなようで、第4作まで作られておりました。しかも4作目では、相棒が三国連太郎と来たものですよ。
その更に前の番組では、萬屋錦之介佐渡島で戦っていたしなぁ……