はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

M−1グランプリ2004を見た

昨日の風はどんなのだっけ?に触発されて、折角なのでM−1を見ました。演芸番組は割と好きなのですが、まともに見るのはけっこう久々。決勝進出コンビで知っているのは(漫才を見た記憶があるのは)、アンタッチャブル麒麟ぐらいという始末(^^; まあ、先入観無しで楽しめましたが。なお、最近で好きなコンビは、アンジャッシュダイノジスピードワゴン、といった辺り。
以下、一回目個人的に面白かった順。

  1. アンタッチャブル
  2. 麒麟
  3. 南海キャンディーズ
  4. 笑い飯
  5. トータルテンボス
  6. タカアンドトシ
  7. 千鳥
  8. 東京ダイナマイト
  9. POISON GIRL BAND

上位3組は文句なく面白かったです。お客さんも完全に掴んでましたし、最終戦進出に素直に納得。アンタッチャブルはもう完全に抜けてた感じでしたが。オンエアバトルで何回か見ているのでネタのパターン(というか進む方向)はわかるんですが、それで面白いんだから面白いなぁと。
麒麟は、鉛筆箱のスライド音に参りました。今回、一番お気に入り。
南海キャンディーズは、好みでいえば、ツッコミがもう少し厳しい方が好み。でも面白かった。
笑い飯は初めて見たのですが、なんか、二宮金次郎ネタで面白さが掴めてきていよいよ面白くなってきたかなぁという所で終わってしまった感じ。もう何回か見たいなぁ。
トータルテンボスタカアンドトシは普通に面白かったです。
下三組の評価は、今ひとつ笑えず。千鳥のは“一人中世ヨーロッパ遊び”という行為そのものには笑ったものの、漫才としてはどうなのかなぁと。ちょっと笑顔が引きつっていたりした様にも見えましたが、最初はやっぱり厳しい所あるんだろうなぁ……。
東京ダイナマイトPOISON GIRL BANDは正直、笑い所が掴めず。ピンと来ないまま終わってしまいました(^^; まあ、普段から野球をネタにバカな話をしすぎている、というのはあるかも……「立浪が当たり」と聞いて、笑うというより納得してしまったりするわけで(^^; 両方とも、別のネタは見てみたい。
終戦アンタッチャブルは普通に面白かったのですけど、(中は色々アレンジしているのでしょうが)オチを知っていた分、微妙にマイナス。南海キャンディーズも面白かったのですけど、ああいう自虐ネタはあんまり好きじゃないのでちょっとマイナス。
というわけで個人的に推したのは、麒麟。まあ優勝は無理だろうなぁとは思いましたが、面白かったです。実は麒麟、あんまり好きじゃなかったんですが、見方変わりました。これが今回、一番の収穫かも。
アンタッチャブルの優勝には、素直に納得。
しかしまあ、久々に見た演芸番組(とはちょっと違う気もしますが)は楽しかったです。こーいうのは、素直に見て楽しいのが一番だよなぁ、と。
……嗚呼、変な字幕のつかない局で、アンジャッシュとか見たいなぁ。