はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

2004年度・JRA賞発表

年度代表馬ゼンノロブロイはまあ納得できますし、今年は他もだいたい順当かとは思うんですが(最優秀4歳上牡馬はタップで良かったと思いますが)、コスモバルクの特別賞ってのはどうなのかなぁ……ファンの方々には申し訳ないですが、ちょっと納得いかない。
ちなみに、以下がこれまでのJRA特別賞の受賞馬。()内は、同年の年度代表馬


1983年 アンバーシャダイミスターシービー
1989年 オグリキャップイナリワン
1993年 トウカイテイオービワハヤヒデ
1995年 ライスシャワーマヤノトップガン
1998年 サイレンススズカタイキシャトル
1999年 グラスワンダースペシャルウィークエルコンドルパサー
2001年 ステイゴールドジャングルポケット
錚々たるメンバー並んでおりますが、とりあえず共通しているのは、どの馬もその年に最低一つはG1を勝っているという事(ステイゴールドのみ国際G1)。G1勝ってない馬の特別賞受賞は初。
バルクの戦績をくさす気は無いですが、その点だけ取っても過去の受賞馬には見劣りすると思いますし(G1を一度勝つか勝たないかで天と地ほどの差があるからこそ競馬なわけで)、そもそもこーいう、これからどんどん飛翔していくべき馬にあげる賞じゃないと思うのですけどね。
まあ、99年に関しては三つ巴により困ったの末の決着という色彩強いですが……個人的に特別賞というと、例えば93年トウカイテイオー有馬記念1勝のみ)みたいに、他の馬と比べた時に年度代表馬とか最優秀には選べないけれど、なんとか表彰してあげたい馬、に最後の手段としてあげる賞、てイメージなんですが。
例えば、タップダンスシチーが去年までで引退するとしてそれであげる、というなら話はわかるんですが。
コスモバルクに特別賞、というのは何か違う気がするわけで……。まだ今年も来年も走って、年度代表馬をもぎ取るべき馬でしょう、バルクは。