はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

日経新春杯に関する豊のコメント

武豊オフィシャルホームページより。
日経新春杯について:2005年1月16日
こーいうの、さくっと書けるから豊は偉いなぁ。ある程度、誰もが認める超一流だから、というのも有るとは思いますが。ついでに言うと、こういう余裕をもっと色々な所で発揮してくれると更に良いのになぁ、とも思いますが。
ナリタセンチュリーに関しては、「本調子で無かったのでは」という言い方してますが、まああそこで不利を受けなかったらどうだったか?というのは全てifの世界の事になるので何とも言えませんが、“ゼンノロブロイに勝った馬”というのがちょっと一人歩きした所はあるのかな、とも。
勿論、京都大章典の素晴らしい勝ちっぷりをくさすわけでなく、あるレベルの能力持っている馬だとは思うのですが、そーいう意味では、京都大章典までのロブロイと、ペリエ乗って秋天以降のロブロイってのは別の馬と見ても過言では無いのではなかろうか、などと個人的には思っていたりもするもので。
まあとにかく、ナリタセンチュリーは応援している馬なので、走る気無くさずに、次走も元気に出てきてほしいな、と願っております。