はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

アメリカンオークスの動画を見た

スタート直後に前の方に押し出して、道中は離れた3番手追走。3コーナー辺りから一気に上がっていって、後はそのまま、後ろの馬が全くついてこられないという形でレコード勝ち。完勝。そして圧勝。
いやこれは凄い。
本当に滅茶苦茶強いですよシーザリオ
で、馬が強いのも勿論ですが、この大舞台でスタート後、一気に前につけた福永祐一も凄い。今年はホントに凄いなぁ。ホント何があったんだろう。
というわけで緊急企画、「秋シーズンの福永祐一の騎乗スケジュールを真剣に(?)考えてみる」をやってみたいと思います。
とりあえず現在のお手馬が順調に行ったとして、


10/1 ヴォスバーグS(米G1) メイショウボーラー
10/2 スプリンターズS 乗れない?
10/16 秋華賞 ラインクラフトシーザリオ
10/23 菊花賞 アドマイヤフジ
10/29 BCスプリント(米G1) メイショウボーラー
10/30 天皇賞(秋) 乗れない?
11/13 エリザベス女王杯 シーザリオ?  
11/20 マイルチャンピオンシップ ラインクラフト
11/26 ジャパンCダート
11/27 ジャパンC リンカーン
12/4 阪神ジュベナイルF
12/11 朝日杯フューチュリティS
12/25 有馬記念 リンカーン
ノーマルに考えると、こういう感じになりますかねぇ……性格的に、秋華賞で2頭が被ったら多分ラインクラフトに乗るのだとは思いますが、それでその後エリ女シーザリオに戻る、というのは都合良すぎるかな、とも思いますが。これは秋華賞シーザリオ次第でしょうか。とりあえず、豊に取られたりするのは勘弁してほしい所ですけど(笑)
で、だったらもう、ラインクラフトはスプリンターズ→マイルで良いじゃないかとか思ったんですが、アメリカ行くんで多分乗れないですね、スプリンター。シーザリオ秋天も考えたんですけど、やっぱり乗れそうにない(^^; まあ、BCスプリントはヴォスバーグSの結果次第という事ですが。
というわけでこうなったら、シーザリオ、BCターフ挑戦はどうだ?!(おぃ)
秋華賞はかぶらないし、BCデイに2回乗ればいいわけで、色々、一挙解決。
シーザリオの秋は、BCターフ→ジャパンカップ有馬記念、で。
で、エリザベス女王杯は忘れてはいけないダイワエルシエーロ
ジャパンカップダートヒシアトラスという事で。
……おお、なんか、もの凄い福永ファン的に都合のいいスケジュールが出来たぞ!!

10/1 ヴォスバーグS(米G1) メイショウボーラー
10/2 スプリンターズS 乗れない?
10/16 秋華賞 ラインクラフト
10/23 菊花賞 アドマイヤフジ
10/29 BCスプリント(米G1) メイショウボーラー
   BCターフ(米G1) シーザリオ
10/30 天皇賞(秋) 乗れない?
11/13 エリザベス女王杯 ダイワエルシエーロ  
11/20 マイルチャンピオンシップ ラインクラフト
11/26 ジャパンCダート ヒシアトラス
11/27 ジャパンC シーザリオ
12/4 阪神ジュベナイルF
12/11 朝日杯フューチュリティS
12/25 有馬記念 シーザリオ
他の騎手のファンの方々、勝手な妄想でごめんなさい。
でも真面目な話、シーザリオは「勝てる事を証明した馬」として、今後も海外で戦って欲しい馬です。