はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『D−LIVE!』(皆川亮二)10巻を読んだ

前巻のvsキマイラ・ACEメンバー大集合、とは打って変わって、軽い話から割と大きな話まで、多彩な乗り物登場で基本フォーマットに近いエピソード4編を収録。このマンガに関しては、大がかりな話よりも、こういった細かいエピソードの方が個人的には好み。
あと今回、いつも以上に男くさいですが、やっぱり特別に女の人を出さなくてもいいマンガだよなぁと(笑) 『スプリガン』の昔より皆川さんの短所の一つは、自分が思っているほどに女性キャラを巧く描けていない所だと思うのですが、この人、思い入れが少し滑るのですよね。そういう点では、男だらけの運転大会の方が、ある意味、すっきり読めるというのは何となく。
別に皆川さんの女性キャラが嫌いなわけではないので、出てくるのは全然構わないのですが。