はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

よく見るとエルムSがやたらに豪華メンバーな気がする

サカラートサイレントディールハードクリスタルドンクールに……「豪華」と言い切るのもちょっと変な気もするけれど、なんか良い感じの所が揃ったというか。
あと、現時点で新潟記念のド本命っぽいコスモミールの鞍上が木幡初広なのですねー。
調べたら、前に重賞勝ったの2003年のウィンラディウスですよ。
ここは頑張ってほしいなぁ、木幡さん。
小倉2歳Sは個人的に当然注目として、今週末は地味ながら割と面白そうなレースが揃ったような。
各重賞ごとに、個人的に応援できる騎手が居るというのが、特にいい(笑)
……ふと気になったので、ちょっと調べてみました。
2005年8月末終了時点での、東西リーディングベスト20ジョッキーの2000年以降の重賞勝ち鞍。以下、データは全てJRA公式HPより。並びは現リーディング順。騎手名の後の〔〕内は、〔通算重賞勝利数/2000〜2004年(過去5年)の平均重賞勝利数〕。
思ったより、情報量が多かったので、今回は第1部:関東編。


横山典弘〔84/5〕

西の某騎手のせいで感覚が狂いがちですが、改めて数字を出してみるとこれだけのトップジョッキーでも年間の重賞勝ちって5つぐらいなのね、というのは改めて驚きというか。その伝でいうと、今年はもう打ち止めというか(笑) いや、今年は8月までで過去5年の平均値を出しているぐらい好調、という見方がもちろん正しいんですけどね。そしてノリさんは、2001年ぐらいから、G1での2着を10回ぐらいしていた筈(笑) ローズバドにはホント、G1獲らせてあげたかった。

中舘英二〔22/1.2〕

善臣さん休場もあったとはいえ、気が付くとこの位置にいる中舘さん、恐るべし。何故かここしばらくG3しか勝っていない事発覚ですが、ローカルメインだから? スーパージーンは順調に来ていれば、G1でも展開次第で勝負になった筈だと個人的には思っているんですけどねー。惜しかった

柴田善臣〔65/4〕

なんだかんだで、平均すれば年に4回は重賞を持っていく大先生。さしずめ、季刊(おぃ) まあ、善臣さんの場合はむしろ遡ればG1勝ったのが高松宮記念キングヘイロー、というのが問題だ説ありますが。

蛯名正義〔71/6.2〕

前にも書きましたが、私の中では何故かたまに“蛯名がうまい事を忘れる病”が発動するのですが、こうやって数字取り出すと、さすがというか何というか。過去5年のデータでG1を6勝は、関東の騎手の中ではダントツ。逆になんか、なんでトウカイポイント以来G1を勝てていないのかが、不思議になってくるというか。“ジャンポケ世代の最強馬はエアエミネム”説を唱える私としては、あの馬が2003年の天皇賞秋に辿り着けなかったのは、かえすがえすも悔しい。……でもよく考えたら、2001年の菊花賞で蛯名の乗ったマンハッタンカフェに負けているのね(笑)
…………あー、“意外に勝ってない人”とか“意外に勝っている人”をあぶり出そうと思って調べ始めたのに、この辺りのリーディング上位ジョッキーはなんだかんだでコンスタントに勝っているので、あまり面白みが(笑) そして、写したデータを微修正するだけで疲労が(笑)
えー、キリがいいので今日は現在リーディング5位のカッチーまでで。

田中勝春〔31/2.6〕

重賞どうこうよりも、カッチーがあまり差の無い関東リーディング5位に居るという事実がちょっと驚き。岡部さんゴルフショックが効いたのか?! 今年けっこう好調、忘れられがちだけど豊と同い年だカッチー。頑張れカッチー。別にファンじゃないけどなんとなく応援してしまうのは「ミッキー」と同じであだなの語呂が良いからな気がするよ「カッチー」。
「G1に負け続ける事いよいよ3桁」で一般紙にもネタにされてしまった田中勝ですが、重賞はそれなりに勝ってます。2000年こそ重賞勝ちが無いものの、だいたい年に2つは勝ってます。……なんかもの凄く、キャラそのままだなぁ……。
−−−
というわけで、本日はここまで。ああ、関東編1、になってしまった(^^;
というかこのペースだと、週末を迎えてデータが変わってしまうよ(笑)