はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

レス

 >>ma-asaさん
 >東宝特撮をテレビに落とし込んだのがウルトラQなので、やはり映画とテレビ通しての「特撮史」でしょう。
うーん、成る程、それは確かに。東宝の特撮映画、という点で見た場合は、54年『ゴジラ』に始まり、62年『妖星ゴラス』63年『マタンゴ』辺りまでの約10年間という1サイクルが、一つの黄金時代という感じですかねぇ。めぼしい作品は、だいたいその10年の中で出てますし。