はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ゲーム好きは、是非一読を↓


「ニンテンドーDSカンファレンス! 2006.春」
任天堂ホームページ
実は去年の秋のカンファレンスではWi-fiの話をしていて、こっそり凄い事言ってるなぁ、とか思っていたら予想を遙かにこえるとんでもない現状になってしまったわけですが、勢いに乗って更に飛ばしてます。というか年末のソフト市場の占有率が6割越えときたら、それは強気になるか。まあ何が凄いって予定を変更して今の位置に居るわけでなく、DSの発売当初から進めていたもくろみに、遂に世界を引きずり込んでみせたというのが凄すぎ。
私含めて周囲の任天堂好きに聞いても、DS最初見た時は「いくら何でもなぁ」と思った人が大半ですものやっぱり(^^;
それが発売から一年余りで、文字通りに歴史を変えてしまった物凄さ。
にしても、Wi-fiの話を最初読んだ時に、という事はこのまま突き詰めていくとDSがビデオシーバーみたいになってウルトラ警備隊ごっことか出来てしまうわけだ、とか冗談で思ってたんですが、なんか冗談抜きで段々とハンドヘルドコンピューターに近付いてきましたよ(笑)
アトラスは、DSにこそ『女神転生』シリーズを移植するべきだ(笑)
実際、悪魔召喚プログラムのツールとしてタッチペンはかなりふさわしい気が。