はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『Q.E.D 〜証明終了〜』と『C.M.B』

Q.E.D.証明終了(24) (講談社コミックス月刊マガジン)

Q.E.D.証明終了(24) (講談社コミックス月刊マガジン)

再び、最新刊が同時発売です。
『C.M.B』の方はまあ、今後どう転がしていくか次第、という所でしょうか。この展開なら学校関係のセミレギュラーキャラをどんどん増やしていく、という手も有りじゃないかとも思うのですが、このままあちこちで事件を解決する展開だと、幾ら何でも『Q.E.D』とかぶりすぎですよ。3巻の予告によると、どうやら指輪絡みの話になるようですが、まあそういう、独自路線が面白いかどうか、を楽しみに待ちます。
相変わらず安定して面白い『Q.E.D』は、「クリスマスイブイブ」が傑作。クリスマスイブの更に前夜、バイト先のカラオケボックスで起こる騒動を描くコメディタッチの話なのですが、これが傑作たりえるのが、加藤元浩、そして『Q.E.D』の面白さだな、と。巧い。もう一編、「罪と罰」は、久々に水原父が活躍で、これはこれで何か嬉しい。