はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

何かの穴を埋める企画・マイオールタイムベストを考えてみる:特撮編

また随分と間が空いてしまいましたが、とりあえずTVシリーズ限定で。


1位 『ウルトラセブン
2位 『ウルトラQ
3位 『ウルトラマン
4位 『超光戦士シャンゼリオン
5位 『仮面ライダークウガ
何か忘れている気もするのですが、まあ、今覚えていて出てきた作品という事で。
えーまあ、1〜3位に関しては、順不同でもいいです、正直(笑) 甲乙つけがたいというかつける作品でも無いというか。Q−マンあってのセブンというのは非常にあるので。どれも好きですしねぇ……一応、一番影響の強い作品、という事で『セブン』を1位に持ってきてみました。『Q』は話のピンキリが激しいのが、ちょっと辛い。先進性を持った上での総合的な完成度という点においては『マン』がベストだとは思うのですけど、一番刺激的なのが『セブン』という事で(笑)
4位と5位もどっちを上に持ってくるか悩んだのですが、『クウガ』は最終回近辺の評価が実はちょっと低いので、逆にラストの鮮烈な『シャンゼリオン』を上に。実は完成度の高い『シャンゼリオン』。
特撮の場合は思い出で美化されていないものという事で、ある程度の年齢になってから見た作品が並んでおります。『Q』辺りは年取ってから見ているから尚更に衝撃、というのは有るかもしれませんが。ちなみに一番好きなエピソードは「バルンガ」。
あと番外でトラウマ特撮として、『ウルトラファイト』と『鉄人タイガーセブン』の名をあげておきます(笑) 両方とも、良い子は見ちゃ駄目だ!