はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

本格という名の館

こへ。氏の『言いがかり道場』から派生した話で、そういえば結局、綾辻行人館シリーズって何作目まで読んでいたかなぁと思って店の本棚を見ながら思いだしたら、実は3作目(『迷路館の殺人』)までしか読んでいませんでした。
一時期、かなり楽しんでいた記憶があったのでもっと読んでいたつもりだったのですが、意外に早く飽きていた模様(^^; まあ、生来の浮気性が顔を出したとか、別シリーズの『殺人方程式』があまりにも面白くなかった、とか色々とあるのですが。
もう一回、『人形館の殺人』から再開しようかしら。
ところで、本格ミステリ史も、年表つくったらきっと面白いに違いないとかまた悪い虫が囁いているのですが、絶対的な知識と資料が足りないので、やりません(笑) というかこれは特撮と違って、探せばどこかにありそうな気がしないでもない。
カルト化している業界は、一つの作品だったり人物だったりの登場が他のイベントとリンクしていたり、影響が直接的だったりが連鎖的かつわかりやすいので、年表にするときっと面白いんですよねぇ。特に、島田荘司以降の日本のミステリ業界は、人物相関図とかさえ、組めそうな気しますし。