はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

そういえば

ドラマ化可能性が高いと思われていた『働きマン』は、秋からアニメ化らしい。
ついでに超先行予想をすると、来年あたり、『新宿スワン』がドラマ化しそうな気がする。か、『彼岸島』映画化か。要するに、そろそろ順番的にたぶんヤンマガ。というか、堅調のヤンマガ辺りからうって出ないと、講談社は苦しいだろうと推測しているのですが、どうかしら。
ちなみに夏のメディア化物は予想通り軒並み不振で、頑張っているのは『ゼロの使い魔』ぐらいか。コミックに関してはその辺りを全部フォローできるぐらい、『デスノート』が飛ばしてますが。さすがに少し落ち着いてきましたけど、それでも、まだまだ、まとめ買いがちらほら。夏休みに入って、学生が映画見に行ってその勢いで、と言うパターンが出てきている模様。
意外な所では、『きらりんレボリューション』が原作コミックよりもむしろ、着せ替えカードみたいなのが売れていたりします。単価高くて、これが割と嬉しい誤算。
秋は勝負作品が多いので、楽しみではあるのですが、例のごとくまたまた置き場所の工面が大変そうです。『結界師』と『史上最強の弟子ケンイチ』と『デスノート』と『武装錬金』と『ディーグレイマン』の置き場を平台に同時に確保するのかと思うと、ちょっと目眩が。