はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『霧の訪問者〜薬師寺涼子の怪奇事件簿〜』(田中芳樹)読了

巻数を重ねるごとに面白くなくなっていくシリーズですが、今回は酷すぎ。このシリーズは手抜き仕事なのを承知の上で買っていますが、それにしても酷い。はっきり言うと、作者の小説家としての矜持を疑わざるを得ない出来。
楽に笑いを取りに行く女装ネタ、その場しのぎのアクションシーン、いつにも増してあまりにも乱雑な筋、そして何より致命的なのがゲストキャラの造型に何のやる気も感じられない事。明らかに全編、表現や形容や話運びをちゃんと書くのが面倒くさくなって書き流した所のオンパレード。一生懸命、泉田くんが「不快感」とか「吐き気」を覚えて悪役を表現しようとしているのですが、要するにそれだけ。
“小説”として、あまりに低レベル。
こと文字表現の技術に関してはある能力持っているのを知っている作者であるからこその非難ですが、この仕事に関しては、さすがに反省してほしい。
正直、泉田くんへの愛だけでこのシリーズ買っている私ですが、次の新作は出てもちょっと考える。