はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『WA5』プレイ記7:オカマ登場

 ミッシーズミアのイベントまで終了。
 いきなり、物理反射のボスはさすがにちょっと焦りました。
 持ってて良かったフラジャイル。
 ところで、最近頻発するレベッカの独り言モードは後でちゃんと伏線として消化されるのかしら。
 単なる演出だとすると、あまり好みのやり方では無いのですが。
 そして若者達の無軌道な迷走には敢えてノーコメントを貫くオトナ、グレッグさんは相変わらず二軍。二軍が持っていても効果のある事がわかったバッドオーメンをずっと装備(笑)
 なんか割と、ディーン、レベッカアヴリルのトリオがしっくり来るし戦力バランスも取れているしで、パーティが取り替えにくいです。ボス戦での途中交代などはまあ、むしろシステム的な想定の範囲内っぽいですがバランス的に。
 もうちょっとグレッグが極端に攻撃力がある(けど遅いか命中率が低いか)とかだと差別しやすいのですけど〜、その辺りはチャックになるのかしらん。実は主人公がパワーファイターですしね。
 そうそう、ドラゴンフォシル一つで全員が1段階の改造が出来ると途中まで気付かなかったのは私だけでありましょうか。一人しか改造できないと思っていましたよ(^^;