はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『Q.E.D〜証明終了〜』(加藤元浩)26巻、読了

小さな謎と悪意を軽やかに解きほぐし、ちょっとセンチメンタルな要素を交えた「夏のタイムカプセル」と、トリックそのものよりも、演出と作劇で見せる、推理マンガとしての『Q.E.D』の本領発揮な「共犯者」。
今回は、佳作2本といった感じ。
「夏のセンチメンタル」は割と珍しいタッチで描かれていて、水原さんの過去が出てくるという点でも従来にはない一本。あとこれは、なんだかんだで水原さんに凄く優しい燈馬くんがポイントか(笑) しかし、まだまだ懐あるなぁ、加藤元浩