はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『史記』、読了

史記 (4) (小学館文庫)

史記 (4) (小学館文庫)

おなかいっぱい。
最終巻の列伝前半のエピソード、耳を落とし、鼻を削ぎ、目玉をくりぬき、腹かっさばいて内蔵を引きずり出して自害する刺客、の話とか、中国もののとんでも話と横山ワールドが見事に融合した傑作です。
うーん、実際に絵と雰囲気が合うか合わないか別にして、大先生に一度、ヨーロッパの英雄譚とかをこういう形で漫画化してほしかったかも。向こうにもこの手のとんでもエピソードがあれば、ですが。大陸的なとんでもエピソードと横山光輝の親和性というのはしかし、凄いなぁ。