はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

神様って 思わず僕は叫んでいた 彼は許されたと思っていいのですか

久々にCD屋さんを覗いたら、

さだまさしベスト3~讃

さだまさしベスト3~讃

なんてものを発見。
裏返してみたら、収録曲の半分は持っていますよッ!
……いや、アルバムを馬鹿みたいに買っていたので、当たり前とはいえば当たり前だし、仕方ないといえば仕方ないのですが。
収録内容は、最近の代表曲と、昔の(コンサートとかで評判の良いやつとかか?)という組み合わせで、さすがに3枚目ともなると、昔の歌のセレクトは正直かなり地味。まあ、ベスト1が“まさしくベスト”という感じのベストだったので、どんどん落ち穂拾いになっていくのは仕方ないんですが。2はまだ、地味なりに「檸檬」とか「償い」とか入っていたんですけどね……というわけでしばし考えた末、というかこれならその最近の代表曲辺りが入っているアルバムを普通に買えば良いのでは、という結論に到達。
久々に買ってきました、まさし。
すろうらいふすとーりー

すろうらいふすとーりー

まだ聞いてません。
で、見出しタイトルはそれと関係なく、なんとなく「償い」から。
好きか嫌いかと問われれば別に好きではないのですが、これは単純に“凄い”というか、さだまさし一代の凄み迸る名曲。