はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

月と富士

最近はG1レースの日は、職場のパソコンからJRAのサイト入って、サイトにUPされた映像で30分ぐらい遅れでこっそり見ているのですが、その際はさすがにというか無音で見ています。
で、無音にするのだったらちゃんと枠順覚えておけばいいのに、ほとんど覚えないで、勝負服だよりに見ていたりします。
でまあ、本日の宝塚記念ローエングリンが逃げて、2番手がアドマイヤメインという所まではわかりまして、という事はこのメインじゃないアドマイヤ、赤い帽子のがフジだろうと思いこみまして、えーもうオチはわかったとは思いますが…………無音の映像を見ながら、最後の直前で大興奮。
うわまさかアドマイヤフジで宝塚勝ってしまったよ! ……うーんそれにしても、まるで別の馬のような切れ味だ、何があったんだろう……とか思いながら着順見たら、ええ、ムーンでしたよ、ムーンでしたとも。
正気で完全にすっかり忘れていたのですが、アドマイヤ3頭出しだったのですね(涙)
凄い白昼夢を見て、弱った体に変なダメージが(笑)
で、そのフジの方は、クビ差で複勝圏内ならず。しかし見事に掲示板ゲッターぷりは発揮してくれました。……思ったより惜しかったなしかし。というか、ちゃんと来てたのに気づいてなかった私を許してください。
アドマイヤムーンはこれで、ドバイでダイワメジャー、日本でとうとうメイショウサムソンを破り、名実ともに牡馬は3強+1(ドリームパスポート)時代という感じでしょうか。
実際、冷静に振り返るとこの馬もけっこう凄い戦績ですしね。
15戦9勝で、うち重賞7勝。4着以下に負けたのは、皐月賞とダービーのみ。
あのサムソンに競り勝ったというのも大きいし、しかし、豊はポップロックを3着に持ってきたものの、これはちょっと痛い結果になりました。
まあもっとも、なんだかんだで豊は相変わらず巧いと思うし、ここ数年が異常に偏重していただけであって、なんかネガティブな話ばっかり出すのもどうかとは思っているのですけど。むしろ色々と、面白くなってきているのだと思いたい。
後そうそう、福永くんは新潟よりも、アメリカがピンチらしいです。主催者側の特別処置で乗れる可能性もある事はあるみたいですが。福永乗れないと、ローブデコルテも内田になるのか??