はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

2007年を振り返る:マンガ編

闇のイージス』連載再開
とか
みさき速、久々に少年チャンピオン登場
とか
結構良い事のあった1年でした。『殺戮姫』は1月にコミックス発売予定なので、びっくり箱気分で、楽しみにしています。『闇のイージス』は再開後、妙に作画が乱れている時があるので、それがちょっと心配。
あと今年は久々に横山光輝大先生ウェーブが来て、ようやく『史記』を読破。改めて大先生、面白すぎ。
継続して読んだり購入しているマンガは、二つほど討ち死に(^^;
仮面ライダーSPIRITS』がそろそろ当落線上を浮遊中。
以外はまあ、堅調に順調、かなぁ。
今年のベスト1は、なし崩し的に、これ、という事にしておきます。

八房龍之助による、偏愛とメカ描写の冴える『スーパーロボット大戦OG1』キョウスケルートのコミカライズ。一応、アニメ版『ディバイン・ウォーズ』の関連企画の一環らしいですが、ちょっと遠慮しつつ真剣に書きながらも要所で好き勝手、という辺りのバランスが割と奇跡的にはまった感じ。アルトの描き方とか滅茶苦茶格好良いのですが、まあ、私がこの人のマンガ好みなので、感想はさっぴいて聞いてください。惜しむらくは、いつも以上に書き込みが細かいのに、コミックスが大判でなかった事。オリジナル作品はいつも大判で出ているのに、なぜ大判にしなかったのかなぁ。
次点で、こちら。
黒博物館 スプリンガルド (モーニング KC)

黒博物館 スプリンガルド (モーニング KC)

非常に好みでした。
来年に向けて期待の作品は、『金剛番長』(鈴木央)がどこまで飛ばしていけるか。雑誌のあおりを信じるなら人気あるみたいですが、いや、頑張れ。