はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

売れた、また一冊売れたよ……!

地道な布教活動の効果が出てきている模様です(それはたぶん妄想です)。
そんな今週の『金剛番長』。
まさかの2週連続インターミッションでしたが、扉というかタイトルのページで吹いたので私の負け。
2ちゃんとかは全く見ないのでその辺りのリアリティとかは特に気にならず(よく知らない人から見ればあんなものではなかろうか、というぐらい、にはなっていたのでは)、どちらかというと、引きこもりキャラの語尾の「ぞよ」が、どこかの方言なのか何かネット用語なのか作者苦渋のキャラ付けなのか判断付かず、その方が気になりました。
あと終始、「金剛番長さん」な所(笑)
なんか既にマンガの世界観の中で、金剛番長、がキャラクター化していますよ!
その内、本名がフェードアウトしそうで怖いです。
説教の内容はまあどうでも良いとして、最後にこのマンガらしい大ハッタリが炸裂で、割と満足。こういう感じで描けるなら、時たまインターミッションで息入れながら、というやり方がこのマンガとしては良いかな、と。変にインターミッションが長すぎるとテンション落ちますが、ハイペースで疾走し続けるのもまた、疲れますしね。これで来週から番長戦に戻るなら、バランスは良いのかな、と。
後あの、やや無理矢理なオチは、フィギアの催促という事で良いかと思います(笑)