はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

風魔小太郎は2分で死亡

どのキャラにも言える事ですが、変にOPムービー含め各面への入り方が格好良かったりするので、さくっと死ぬと実に惨め。
気を取り直して3人目は、これで駄目だったら難易度を「易しい」にしようと思って選んだ明智光秀。お仕事は、退却しないといけないのに敵兵を見つけると突っ込んでいく血に飢えた魔王もとい困った髭のおじさん(織田信長)の援護。この辺りで、ようやくマップの見方がわかってきました。マップというか、敵味方の武将がどこに居るかの判別方法というか。
お陰で遂に何とか1面クリア。
なんかようやく、戦い方もわかってきました。
ランス(浅井長政)にはちょっと殺されかけましたけど。
惨かったのは、出てきた途端に兄(信長)とかつての配下(秀吉)にタコ殴りにあった剣玉娘。アルゴリズムが武将優先になっているのか、物凄い勢いで集中攻撃かけにいくのですもの、CPU。とどめを横からかっさらわれて経験値奪われると憎しみ100倍です。
にしても、髭のおじさんに「愛いやつ」とか言われても嬉しくないなー(笑)
というか、小杉十郎太(信長役)が凄いセクシー演技なんですが、意外と、普通というかなんというかの喋りの方が自分はときめけるなぁ、とか思いました(笑) 自分に、そのケが無い事、改めて確認(笑)
その後、とりあえず色々やってみようと、手当たり次第に何人かプレイ。
長宗我部元親
地獄のロッカー。映像的にあれだが、腹音波が強い。しかし3回挑戦して、未だ1面クリア出来ず(^^; 歴史シミュレーションやると必ず選ぶというぐらい好きなので、何とか頑張りたいのですが。
佐々木小次郎
2面までクリア。現状唯一、Sランク出せました。というか、物凄く強い気するんですけど。1面なんてボスまでほぼノーダメージでしたよ。海賊なんて楽勝だと思って油断していたら、背後から現れた稲姫の弓連射で、クリア寸前で地獄の渕を覗きましたが(^^; 
直江兼続
愛の呪符使い。1面クリア。
ガラシャ
魔法少女? 開始3分ぐらいで浅井長政のランスに串刺しにされて死亡(^^; たぶん、もう二度とプレイしそうにない……。
濃姫
なんか二丁拳銃使うらしいよ、と思ったら、また違うゲームでした。ごめんなさい。でも両方とも何故かセクシー路線ですね。だいぶ操作に慣れてきたのか、1面クリアできました。そういうゲームだから仕方が無いのですが、武田の武将をほぼ全部屠りました。配下武将の皆さん、面目丸つぶれ。リストラ?
……という感じで、操作に慣れてきて以降、思いの他はまりそうな勢いで、なんか段々楽しくなってきました。今更ながら、これはよく制作を実現させたシリーズだなぁ。