はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

また増えますか

問屋の情報誌見ていたら、一迅社ゼロサムコミックとか出している所)がライトノベルに進出だそうです。
その名もずばり、「一迅社文庫」(仮称?)。
で、情報誌に載っていた紹介の文章が以下なんですが(原文まま)


ライトノベルといえば、「独特のアク」が特徴の1つだが、その反面、読者対象が限定され、各レーベルともその「アク抜き」が大きな課題となっている。一般的に陥りがちなイラストでの中和を図るだけでなく、文体やキャラクターの個性においても融和を図り、ライトな路線を狙う。ヘビーユーザーにも読みごたえのある作品に仕上げ、読者のニーズに応える。
…………??? 読解不能。たぶん一迅社の人が出した文章だと思うのですが、文字数制限あるだろうにしても、意味不明です。
どなたか、この文章が何が言いたいのか読解できた方いたら、教えてください(笑)
他人事ながら、幸先不安。
まあしかし、そもそも配本あるのかしら……(遠い目)