はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

うーん……

暗い話を二つ続けてすみません。
創作活動に大きな影響を受けている作家(翻訳家)が同じ日に無くなるとは、ちょっとした因縁です。
こーいうきつさとやるせなさは、横山光輝大先生以来。
実は『なんて素敵にジャパネスク』よりも『ざ・ちぇんじ!』の方が好きだったりするのですが、どちらにせよ、根っこの方でだいぶ大きな影響を受けています。
大雑把な順番としては、
くまの子ウーフ→富野由悠季横山光輝氷室冴子山内直実円谷プロ荒俣宏キャプテン・フューチャー→翻訳SFサルガッソー
みたいなのが、私のトラウマと産湯とインパクトなんで。
折々には勿論、もっと色々ありますが。
読んで衝撃を受けた小説、という分類では『帝都物語』と<キャプテン・フューチャー>が二大巨頭なんですよ。高校生にもなって、小説観を変えられると思わなかったので、その分、ショックが大きかったわけなのですが。
「そりゃあ戦争に負けるよ」というのが、今も昔もフューチャー読むと思う事(笑)
若い内に1940年代のアメリカSF読んでおくと、まあちょっと大袈裟に言えば世界観変わる事請け合いです。変わって得するかはまた別として。
まだまだ、いくらでもやる事はあるのだと、改めて。
うだうだ寝ている場合ではない。