はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

今週の『金剛番長』感想

先週書き損ねたのですが、2ページ使って、脱皮粘着の“美少年”の雰囲気を出しておいて、ページめくったら、前景姿勢で「でろぉん」というのはなかなかに面白かった。面白かったのですが、結局その後ギャグに傾いてしまったからなぁ……あそこでシリアスを続けて、猟奇倒錯っぽい戦闘へ入れるとそれはそれで幅が出ると思うのですけど、そこへ行かない方向性、と言われるとそれまでで、どちらが良いのかは何とも判断つきかねます。
ただこれで、3戦連続、結果的にはギャグでオチているわけで、フォークボールがすっぽぬけて、ファールグラウンドを転々としているような感は、何とも否めません。
うーん、なんだろうなぁ、バカバトルマンガ、の系譜を引こうとするにあたって、要するに『男塾』や『キン肉マン』的な、本人達はどシリアスなのだけど、よくよく引いて見るとギャグすれすれというかギャグ? みたいなノリをやりたいのではないかと推察するのですが、“シリアスのブレンド加減”がどうも巧くないのですよね。
結果、境界線におけるギャグ側に、片足どころか全身突っ込んでしまっている。
まあ、バランス調整としては割と難しかろうとは思うのですが、もうちょっと踏ん張ってほしい所。
で、最初から考えていたのか、勢い×勢いの産物なのか、道化シスターズ、爆誕。冒頭、キャラクター強化の為の小ネタと思わせた剛力との絡みが、伏線として機能する辺りの演出なんかは、好き。
好きなんですが、ここまで3戦ギャグでオチているという事は、来週もギャグでオチるんだろうなぁ、としか思えないのが辛い(笑)
ここまで来るとむしろ、金剛vs爆熱、もギャグでオチるんだろうか?
と既にそちらの方が気になります。