はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

今週の『金剛番長』感想

とりあえずあの アイドル番長軍団 というのは、オフィシャルなのですか? 作中でも使われない事を祈りたい。
そして普通に朝礼で校長先生から悲しいお知らせの発表。
もう死体は、荼毘に付された頃でしょうか。
さて悪矢七が、男気を見せたどころか顔まで妙にすっきりして格好良かったのですが、折れた電柱の直撃喰らったぐらいで機能停止してしまうマシン舎弟は、明らかに耐震偽装
マシンが直接乗り込んで来たという事は、4番長は、電気ショックで復活とかですかねぇ。金剛は、どうしよう、悪矢七の腹を破って、こう……(以下略)
幼女は何故か基地内部に放置で(一緒に連れてきた方が安全だったような)、危機一髪フラグが既に立っていますが、割とまだ消化する要素が多いなぁ。
マシン番長が校舎の壁を破壊するカットで両腕が揃っていたように見えたのですが、修理完了? とかなんか色々、タイムテーブルがよくわからなくなってきましたよ正直(^^;
……ところで最近、『ギャンブル!』を割と楽しく読んでます。
絵とか下手だし、マンガもそんなに巧いわけでないのですが、拉致ポーカー編辺りから、格段に面白くなった。決勝前で打ち切りとかでなく、なんとか沢尻の兄ちゃん戦までやってほしいなぁ。
しかしジャン少年は、男らしい通り越して、なんか悟りの境地だ。