はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

割と巷では騒ぎになっているようですが

落合はどうして、いちいちコメントがつまらないのだろう。
というのが一番ではないかと思う。
選手が打診されて「行きたくない」ならそれはそれで別に構わないし、特に怪我を抱えている選手やベテランはその意思が尊重されてしかるべきだとは思うのです。「行きたい人が行けばいい」は正論。
しかし、それはそれとして、本音と建前はあるわけで、思ったよりファンがWBCに関して盛り上がろうとしていて、NPBもそれに乗っかる事にした以上は、わざわざ冷や水かけなくても良いよね。そこは選手がどうこうというよりは、球団が本音と建前をうまくマネジメントするべきだと思うし、「オレ流」の人はそれがウリなのでしょうが、現状、「オレはWBCに関わりたくない」人の単なる駄々。
「もちろん本当はやりたいかと言われればやりたくないけれど、やるとなったからには全力でやる気満々のポーズ取りますよ、山田さんも伊東さんもみんな尊敬してますよ」とひたすらに道化を演じるも辞さない原辰徳と、最初の会見からフォロー入れまくりで幾らでも泥をかぶってくれる気で一緒の船に乗ってくれた王貞治は、その200倍は格好いいと思うのですがどうか。