はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

脳内『どうぶつの森』エンディング

どうぶつの森』のシリーズは、DSの『おいでよ……』しかプレイした事がないのですが、割とホラーなゲームのイメージがつきまとっておりまして、個人的に想像しているあのゲームの真のエンディングというのがあります。
ひたすらやり続けていると、徐々に歩くスピードが落ちていく主人公。やがて、杖なしでは歩けない体になり、ある日、ベッドから起きあがれなってしまう……そして画面はブラックアウトし――


(反転)
――雨の音
――タクシーの後部座席で目を覚ます主人公



「お客さん……、お客さん……?」


「ずいぶん、よくねむっていたみたいですね」


「もうすぐ、家につきますよ」


「え? どうぶつ? ベル? なんのことです?」


「ははっ、夢でも見ていたんじゃないですか」


「長い、長い夢を…………」




――タクシー、停車音
(暗転)
――雨の音だけが続く
というか、あのオープニング(村に着く前)が怖いと思うのです。