はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

でぃーえすFE戦記1:亡国編

ニンテンドーDSファイアーエムブレム新・暗黒竜と光の剣〜』のプレイ記です。超ネタばれありなので、ご留意下さい。
というわけで、発売すぐについ購入→なんか波が来ずに放置→とりあえず嫁にレンタル→嫁が2週クリア、という経緯を経て、今更ながら始めました。
難易度ノーマルだとかなりぬるいという話を聞いたので、SFC『紋章の謎』では出来なかった事をやろう、がとりあえずのプレイコンセプト。出来ればDS版追加キャラも出したい所です。
物語はまず、同盟国グラの裏切りにより、落城するアリティアからマルスが脱出するまでを描く、チュートリアルを兼ねた新規追加の序章からスタート。
エリス姉さんに呼ばれたマルス様が広間に向かおうとすると、侵入してきたグラ兵に襲われます。
いきなりガチンコで敵兵と切り結び、血まみれになるマルス。共の一人も無しに、とんでもない初陣です。
その後、新参者のヒゲ(フレイ)とアベルが加わり、まあアベルは素直に育てる事に。というかこの後、あの人とかあの人を育てる予定なので、計算できる戦力が一人は確実に欲しい(笑)
造りはノーマルモードという事もあるのでしょうが、全体的に初心者フレンドリー。
モロドフさんの表情がなんか軟らかいなぁ。
しかしユニットが司祭っぽいのですが、ボルガノンぐらい使えそう。
城内を抜け、ジェイガンらと合流。
城外に出た所で「民家を訪れよう」的なシチュエーションが入るのですが、そこでのジェイガンの台詞が、


「我々に心を寄せる民家」
って、ですらないのか!
家は心を寄せてくれないよ!
はさておき、訪れた民家では、物凄く暗い顔をした老人が
「おびきよせて、たたく
おびきよせて、たたく」

怖いよ!
アリティアの政治はどうなってますか……と色々な不安を抱きつつ、マルス一行は追っ手を振り切り、海路での国外脱出を目指します。
序章その4では、敵の捕虜としてゴードンが登場。
敵の将軍の謀略で、猿轡をされて喋れない状態で、敵兵の格好をして牢屋に転がされています。要するに、いっけん敵だけど「話すコマンドで味方を増やそう」というチュートリアル。ゴードン殺すと新キャラが出てくるというのでゴードン殺す気満々だったのですが、うわ、このシチュエーションで殺すのか(^^; 「んがんぐ……」とか言ってますよ。
ゴードン好きでない私でも、さすがにちょっと気が咎めるなぁ。
というか、このお膳立てで出てきて、ゴードン殺すプレイを想定して別キャラ用意というのがちょっと無茶な気もするのですが。
でも、殺るけど。
そんなわけでマルス様の手が滑りました。
猿轡されて素手の兵士をなぶり殺し
なます切りした後、その正体が味方だった事に気付いたマルス様いわく、


「しまった……
味方の兵を……」

最低だ、うわ、こいつ、最低だ
一歩間違えれば物凄くトラウマものなシチュエーションを軽やかに乗り越え、敵将を屠ったマルス一行は、アリティアを脱出、タリス公国へと向かうのでありました……。
で、ここからが原典の1章です。しかし、序章が割と長かった為に、経験値がたくさん手に入っています。
1章の時点で、アベルLV8です。
アベルマルスしか戦わせてないからですが。
そして…………あれ、追加キャラがいない?!
ゴードン殺すと、女の子のアーチャーが出てくるって聞いてたのに〜……るらら〜。
1章からではないのかもしれないと、調べもせずに気持ちを切り替え、そのまま進撃。アベルが海賊を皆殺しにしていきます。
そしてオグマと三人の戦士達が合流。弓娘が平然と混じっていないかと思って期待したのに、混ざっていませんでした。
さて今回、SFC版で出来なかったプレイをしようという事で、『紋章の謎』では変則プレイをした時でもさすがに外した事のないオグマを外す事にしました。代わりにエースをつとめてもらいたいのは、今回、意味不明なぐらい顔グラフィックが格好良くなったバーツ@血に飢えた野獣(byしりあがり寿)。以前から一部でコアな人気はありましたが、何この格好良さ。ついでに、クラスチェンジ出来るようになった記念という事で、サジ・マジも使う事に。
3番 マジ
4番 バーツ
5番 サジ

夢のクリーンナップです。
主力武器は斧です。切れると困るので、武器屋で大量に「てつのおの」を買い込みます(笑)
さすがに、主力が戦士3人なると、若干の緊張感が漂いますが、敵のステータスがだいぶ低いので、なんだかんだでさくさくと。
そして、バーツはともかくとして、マジが強い。何故か動きが早いので、海賊相手なら十分に2回攻撃可能で、かなり活躍。
気を付けないとサジが置いていかれそうな勢いです。
にしても、全く同タイプのキャラを3人同時に育てるのは心理的に辛いなぁ(笑)
オグマが悲しそうに後方で立ちつくしています。
3章。
ジュリアンとレナさんが参加。
勢いでナバールを殺してしまおうかちょっと悩んだのですが、難易度をこれ以上、下げるのもあれなので、仲間にできるキャラは全て仲間にする方向でプレイする事に。
乱舞する、斧・斧・斧!
4章。
紋章の謎』ではカットされていたマップなので、新鮮な見た目です。
さて、一向に加わる気配が無いので、この辺りでいい加減、弓娘の加入フラグをネットで調査。
……ゴードン殺しただけでは駄目だった事発覚。
さすがにまた序章からやるのは嫌だなぁという事で弓娘は諦め、他の追加キャラを加える方向にシフトする事に。
確か、部隊の人数が少ないといいとか聞いたような……
第4章にして、
大リストラ計画・発動
ちょうどこの章から出撃準備が出来るようになったので、使わないユニット(マルスアベル・ジュリアン・レナさん・バーツ・サジ・マジ以外)の全ての装備を輸送部隊に回収し、守り役ジェイガン、スカウト役シーダ、人数の都合でリフ、を除くメンバーを、裸で戦場に送り出します。
マルス様の最高にいい笑顔に見送られて、素手で敵兵に立ち向かっていくアリティア軍の勇者達。
勿論、次々と倒れていきます。
それを見ていた嫁の、
「この人たちも、こんなところで死ぬとは思ってなかっただろうね」
という呟きが、すさまじくツボに入ってしまい、一人で笑い転げる私。
……ごめんなさい、最低なのはプレイヤーです。
なんか、某虐殺プレイを思い出させる展開になってきましたが、悪いのは追加キャラの加入条件をそんなフラグにした任天堂もといインテリジェントシステムな気がしますよ?
マチスはレナさんで話しかけて仲間にした上で、「鉄の槍」を回収してから単騎特攻。
戦場の露と消えました。
哀しみを胸に、次回、オレルアン騎士団と合流予定。
アカネイアの未来は今回も暗そうだ!