はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

M−1、最終決戦だけ見た

というか、帰宅してTVつけたらそこだった。
以下、折角なので感想。なお、どのコンビもほぼ初見。オードリーは短いのを2回ぐらい見た事ありました。
◇ナイツ
単純に、“笑った回数”でいえばここが一番笑ったのですが、ああいうネタは評価が厳しくならざるを得ないのかな、という気はする。有名なものを弄る、という事の限界というか。あと、これは本人達の問題ではないのですが、ボケの段階でなく、ツッコミが入った所(というかボケの説明をした所)で笑いが起こる、というのが割とあったのは、テンポとしてはきつかったのかな、という気も。
NON STYLE
正直、ちっとも笑えなかったのですが、うーん、昔、なんかの特番で「お宝映像」みたいな感じで、やすし・きよしの漫才を流していて、その時も全く笑えなかったというか、ついていけなかったのですが、どうもこう、ボケとツッコミの回転が速すぎるのが、苦手みたいです。笑いに反応している暇がない、というか。もうちょっとゆっくりした間合いの漫才が好きなのだな、と改めて。
◇オードリー
好き嫌いでいえば好きでないのですが、“やっている事が面白かった”という点ではここかな、という風に思って、ここが優勝かなー……と思ったのですが。
もうちょっと接戦かと思ったのだけど、思いの他、差がついて圧勝となりましたね。
ううーん、やっぱりこういうのは、最初から見たいよなぁと思いました。テンション的に。