はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

2008年を振り返る:読書編

今年のベスト1は、もう、
ぶっちぎりで
『空の中』有川浩

空の中 (角川文庫)

空の中 (角川文庫)

マイオールタイムベスト入りです。
Sランク評価。
一生ものの作品。
素晴らしかった。
面白かった。
久方ぶりに、人に勧めたくて仕方がない作品。
詳しくは過去記事(〔『空の中』(有川浩)、読了〕)をご参考いただきたいとして、改めて、特撮怪獣映画ファンには必読の名著。
あまりに面白かったので、読後、有川浩祭に突入(笑) 既刊軒並み、あっという間に読んでしまいました。
読んだ中ではやはり、『空の中』が圧倒的。『空の中』及び『海の底』の番外編が収録されている、短編集『クジラの彼』は抑えておきたいところでありますが。というか、高巳め、高巳め!(読んだ人以外に意味不明)
今年は他にも色々と読んだ筈なのですが、ランキングという意味では、全部吹っ飛びました。
いやこれは本当に、大傑作。
そして最近、あおっていたら自分に隆慶ブームが来てしまいました(笑)
吉原御免状』→『一夢庵風流記』と来て、『影武者徳川家康』を流し読みとかしてしまっています。隆慶一郎はやはり面白い。