はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

年末年始に見たTV

帰宅したらNHK『紅白歌合戦』がついていたので、とりあえず見ながら夕食。
その後、飽きてきたのでTV東京『年忘れにっぽんの歌』みたいな何か。『紅白』と違って、こちらは指向性地雷とかが突然破裂しないので、安心して見られます(笑) というか毎年、存在を忘れていて、見損ねるのですが、正直、こちらの方が落ち着く(笑) せっかく落ち着くのに、変えたらもうクライマックスでした。八代亜紀さんの『舟歌』は素晴らしい。
それにしても、司会陣が色々な意味で凄い番組でした。なぜここにいるのか不明な中山秀征のサラリーマンぷりに、すっかり化け○じみてきてしまった竹下景子。とどめが、締めの言葉も、ワンセンテンスごとにカンペに目を通さないと喋れない徳光和夫。耄碌しちゃったなぁ、特に好きでない私でも悲しくなるぐらい、耄碌しちゃったなぁ。締めのタイミングも全然合わせられないし。
司会といえば、紅白の男の方の人の、何に着替えても似合わないのは、もはや才能だと思う。そして女の方の人は、二の腕がすっきりしているわけでもないのに、なぜノースリーブのドレスばかりだったのでせう。
その後は、なんだかんだで『紅白』。一人だったら絶対に見ないけど、二人以上でツッコミを入れながら見る分には、割と面白い&時間潰しになる番組であると思う。この番組自体が、無差別かつタイミングの読めないボケみたいなものだと思えば。
印象に残った事、3つ。

  • SPEEDのサイド二人分のマイクは、もう最初から置かなければいいのに。それは解散するよな、と思った。
  • EXILEは、そのSPEEDを超える、5人がダンス要員!
  • サブちゃんはもう、歌というより遊びに来ている。

その後、11時30分になったので、大江麻理子アナのドレス姿を見るべく、年末恒例、TV東京『東急ジルベスタコンサート』へ。
番組には興味ありません(笑) 大江さんのドレス姿が見たいだけです。
で、満足したので、43分ぐらいを狙って、再び『紅白』に。
勝敗に興味があるわけでもなんでもなく、
紅白終了(わーわー) → 『ゆく年くる年』スタート(しーーーん)
が大好きなのです。
これを体験しないと、年をすっきり越えられません。
ゆく年くる年』で年始を迎えた後、フジ『ジャニーズコンサート』へ。ジャニーズには特に興味ないですし誰が誰かもほとんどわからないのですが、遠く離れたところからコンサート見るのは非常に楽しいです(笑) 色々、面白い。
ジャニーズをしばらく楽しんだ後、再びNHKへ戻して、年明け最初のニュース。
そして、『年の初めはさだまさし』。
今年も絶好調でぐだぐだでした。
ありがとうございました。