はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

読み初め

厳密には去年末から読んでいたので、年をまたいで、読み締めにして読み初め。

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)


京都のとある大学の3回生である「私(先輩)」は、クラブの後輩である「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せているのだが、なかなか彼女とお近づきになれない。夜の先斗町下鴨神社の古本市に、大学の学園祭……なるべく彼女の目に留まろうと、奮闘する私が乙女の心に寄り添える日は来るのか? 個性溢れる人々と、珍事件の数々に彩られた、恋愛ファンタジー
初・森見登美彦
まあ、恋愛というか、半ばストーキング。
この、広義のファンタジーというのは偉大だなぁというか、非常に作者がその空気を活用する事によって、変態性を薄めて、ほんわかした世界へ拡散させているという、わけのわからない事を書いていますが、なんというかそういう作品です(おぃ)
基本、あまり考えずに勢いで楽しむ作品なのではないかと思います。
しかし、後からじっくり読んでもまた楽しい。
なかなか面白かったです。
あと、客観的に見た時に「先輩」がまともな人なのかどうかについて一抹の不安を禁じ得ないので、「黒髪の乙女」の幸福を切に祈る次第であります。