はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

アンカツと豊の成績が凄い事になっている

2月8日終了時点での成績が、
安藤勝己 13勝(全国4位/栗東2位)
武豊 11勝(全国9位/栗東5位)
と、勝ち星だけ見るとそれなりというか、むしろ豊などは怪我があったにしろ随分とスロースタートといった感じでさえあるのですが、この2人の騎乗回数がそれぞれ、
安藤勝己54回・武豊45回〕
と、他のリーディング上位騎手の、約半分(※内田博幸118回・中舘英二100回・岩田康誠97回)。
結果、
安藤勝己 54戦13勝 勝率.241 連対率.389 3着以内0.500
武豊    45戦11勝 勝率.244 連対率.444 3着以内0.511
と、二人揃って似たような凄い数字に。
まあ、日記見ていると、少なくとも豊さんは、これから騎乗回数を増やしていく気満々みたいですが(笑)
で実は、現在リーディングトップの横山典弘が、
88戦17勝 勝率.193 連対率.330 3着以内0.432
と、騎乗回数考えたら相当な数字を出しているのですが、この人は豊が居なければ騎手界に君臨していたような気もしますが、意外とその時はその時でそれなりの数字しか出さない気もする。
それと今年は、意外な所では和田竜二が絶好調(12勝)。1月中、豊を抑え続けましたよ。