はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『ギャンブルッ!』最終回……

うーん、なんでああいう、未練がましい事をするかなぁ……。
まあ、作者が趣味で、「戦いは続く!」みたいなオチを書きたかったのかもしれませんが。
それにしても、あのラストページは無いよなぁと思うわけで、綺麗に落とせる所まで話を書けたのだから、綺麗に落としておいた方が良かったと思うのですけど。
これが、例えば第2部の芽があるとか、或いは急転直下の打ち切りだったとかならまだわからないでもないですが、そんな芽は無さそうですし、どちらかといえば周囲のマンガが沈没していく隙間を縫って予想外に長続きしたマンガというのが大方の読者の見方であり現実であると思うわけなのですが。
自分でも全く意外に面白くなってしまったマンガだけに、色々と残念。
別に父さん帰ってきて大団円、とかでなくて良いので、綺麗に終わってほしかった。要するに、ラスト3ページいらなかった(笑)
正直あんまり、次回作に期待、という雰囲気が無いだけに、尚更。
この作者の画力で面白く成立するマンガって、相当難しいと思うのですよねー。その点、『ギャンブルッ!』は非常に良い方向に“化けた”と思うので、次に同じレベルのもの(題材・物語)を持ってくるのはかなり厳しいと思うのです。逆に、「面白い!」と思うような出来の次回作を読ませてくれるような事があれば、この作者には当面注目しますが。
いやー、最終回も、ラスト3ページまでは好きなんです。巧いところほどほどに、個々のキャラクターをきちんと活かした上で、まとめたな、という感じで。
それだけに、なんだかなぁ、やっちゃった、という気がしてなりません。
金剛番長』は、マシン番長編が結局今ひとつだった私としては、この新展開は好き。
サソリ姐さんにも是非とも頑張っていただきたい。