はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

今日初めて、内川を格好いいと思った

何あの格好いい内川(5回裏のファインプレー)。
というわけで現在、TBSで韓国戦のダイジェストを視聴中。
昨日も、結果知ってるしなーとかいいつつ、米国戦のダイジェストをしっかり見てしまいました(笑)
にしても、今日は昨日以上に豪快なダイジェストだなぁ……点が動いている所だけですか(^^;
……ああ、最終盤を優先したのか。
そんなわけで、
祝・WBC連覇!!!
ありがとう、おめでとう!
んーー、もうね、原ファンとしては、「嬉しい」とかよりも、「ほっとした」というのが第一。
色々と見たり読んだりしている内に、じわじわと嬉しいも出てくるかもしれまんが、まずは何より、ほっとした。良かった。
……まあそれでも、色々うだうだ言う輩はいるでしょうけれど、少なくとも結果に対する評価はされるべきなのでありますよ。それは守られなくてはならない。
色々と書きたい事はあるのですけれど、現在、仕事8連投中でエネルギーからっけつな為、一つだけ。
今回、陰のMVPは、「侍JAPAN」ってキャッチ考えた人だと思うのですよ。
いやこれね、最初は、微妙なネーミングセンスだしいかにもTV朝日が好きそうな感じだしでどうなのよ、と思っていたのですけど、結果的に、これを一つの“価値”にした事で、誰もが応援できる受け皿と、カリスマ無きチームのフラッグを作る事に同時に成功した。
これは素晴らしい事だったと思います。
北京五輪の時が、
ワシのワシによるワシの為の日本代表
だとしたら、今回は
侍の侍による日本国民の為の日本代表
を作り上げる事が出来た。
最終的にこれが効いたよなぁ、と思います。
でまあ、原辰徳が実に恐ろしいなと思うのは、意識していたのか無意識なのか知りませんが、ひたすら「侍」を強調し続け、「原ジャパン」に全くこだわらなかった事。「ジャイアンツ愛」の時もそうでしたが、この人のこういう嗅覚ってのは、球界随一であるし、なるべくして代表監督になった男ですよやっぱり。
最後に帳尻合わせて全て持っていったイチローも本当に恐ろしいけど(笑)
まあ、原もそうですが、イチローはやっぱり“星”を持っているよなぁ。
これで後ろに王さんも居るのだからそれは負けないさ、……と今なら言える(笑)