はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『ジーワンジョッキー』よくやる騎乗ミス

東京だと思って走っていたら、中京だった
船橋競馬場からはちゃんと、ら○ぽーとが見えたり、中山競馬場の真ん中にはナッキーくんが居たり、芸が細かい『ジーワンジョッキー』。4月の阪神とか走ると桜がいっぱいで、馬ではなく人が物見してしまいます(笑)
嫌いな競馬場は、小倉です。
追い込もうと思った時には、直線終わってる事が多い。
なんか案の定、実際の競馬見る時に、なんとなく『ジーワンジョッキー』視点で見てしまうようになりました。「ああ、この辺りから追ってるのだなぁ」とか。
皇帝陛下がやっと引退した後は、現在、ミホシンザン時代。
難易度にもよるのかもしれませんが、一応は騎手本位のゲームの為、馬が故障しにくい上に大概の場合、順調な状態で出走してくるので、トップホースの絶頂期が全体的に長いです。しかもコンピューターは引退を割と引っ張る為(成長期が終わると徐々に馬の能力値は下がっていく)、G1で善戦はしているけど巡り合わせの問題で1回ぐらいしか勝っていないような馬だと、あまり斤量重くならないのをいい事に普通にローカル荒らしに来ていたりして、大迷惑(笑)
ああ、オグリキャップ鷹匠から奪いたい。