はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『スペースバイオチャージ』感想

YOKO KANNO SEATBELTS 来地球記念コレクションアルバム スペース バイオチャージ

YOKO KANNO SEATBELTS 来地球記念コレクションアルバム スペース バイオチャージ

3枚組ですが、DISC3は、収録時間が他のディスクの半分だったり、ちょっと変わった曲を主体にしていたりと、おまけDISCっぽい作りで、実質2枚半。それも踏まえて、コストパフォーマンスは、少々微妙。3枚目もめいっぱい入れて欲しかったなぁ……と手持ちと被っているのが多い身としては思いますが、これはまあベスト盤の宿命か。
内容は、思った以上にヴォーカル曲多数。
ほとんど、ヴォーカル曲の合間にインスト曲があるような形で、これなら、ヴォーカル・ベストと、インスト・ベストとか、分けて造れたのではないかという気も少々。
選曲は、これは外せないだろうなぁというのは押さえた上で、それらしく変化球も交えた感じでしょうか。レコード会社の関係とかで収録できなかったのもありそうですし(『ブレンパワード』とか1曲も入っていない気が)。
個人的な出物は、「Genesis of Aquarion」。パチンコのCMで一躍有名になった『創聖のアクエリオン』主題歌の、ゴスペル風(? 多分)アレンジ。コーラスがやたらに格好いい。
後、「Voices」(『マクロスプラス』主題歌)が収録されていたのが嬉しい。当時、ほとんどこれだけ欲しくてサントラ買ったのですが、思えば菅野よう子を強烈に意識するきっかけになった1曲です。
不満としては、ブックレットなどに一切、原典が記載されていない事。まあ調べる事は可能でしょうが、これは記載しておいて欲しかったなぁ。解説とかがおふざけ気味なのは、最初から期待していなかったので、あまり気にならない(笑)